アメリカのホワイトニング事情

アメリカでのホワイトニングは、薬局でホワイトング剤が簡単に入手できるために、歯科医院ではデュアルホワイトニングが主流になってきています。10%のホームホワイトニング剤は歯科医院では使われておりません。
デュアルホワイトニングとは、オフィスホワイトニングとホームホワイトニングを両方行うものです。
いままで、一番白くなっていたブライトスマイルですが、現在は発売中止になっています。
フィリップス社は、ディスカス社を買収して、すべてをズームに集約してしまいました。そのために、アメリカで現在一番白くなるホワイトニングはズームをいうことになります。
ズームはオフィス、ホームともにパッケージを変更してズームになっています。当院では、最新のズームを使用していますが、入手が困難となってきており、患者さんもタイミングが悪ければ行うことができません。
また、デンマット社で開発した新しいホワイトニング剤は、ルミブライトスマイルという製品です。ほとんど、ズームと同じ製品になっています。この方法も、歯は結構白くなり、ズームがないときはこちらで行っております。
アメリカは、フィリップス社の独り舞台で、ズームが主流になってしまいました。

ズームオフィスホワイトニング

アメリカ№1のホワイトニング法は、津志田歯科医院では歯を真っ白くします。日本で初めてオフィスホワイトニングを行った歯医者だからできる技があります。

また、ビヨンドという製品もありますが、こっそり販売しています。日本ではポーラスという器械が使われていますが、アメリカでは新機種(アクセレーター)になっているのと、ホワイトニング剤も日本ではエクセルホワイトが使われていますが、アメリカではマックス5になっています。そのために、まだ日本では、痛みが強いホワイトニング方法の一つではないかと思います。
一方、ヨーロッパでは6%以上のホワイトニング剤は使用できないためにあまりお勧めできません。
中国、韓国では、多数のホワイトニングの器械が出てきており、日本でも使用されています。
日本の製品は、薬事が厳しいために進歩はありません。最近、薬事の関係で、過酸化水素が使えないためにポリリン酸が売れていますが、オフィスでも使われていますが、ほとんど白くなりません。
ホワイトニングは過酸化水素を使わなければ白くなりません。ポリリン酸や他の代用品では、白くならないことは知っておきましょう。
それなら、ホワイトニング剤をミックスした手法が多数出てきており、その方がお勧めです。そのほとんどが、過酸化水素に歯磨き剤や他の薬剤を混ぜて使用しており、歯科医院でも行われています。
アメリカでは、フィリップス社が特許を独占しており、他のメーカーは開発が難しくなっています。
そのために、光を使わないホワイトニング剤も多数出ており、当院でもありますが、そのまま使うと痛みが強いです。これは、40%前後の過酸化水素を使用しているためで、ズームは20%のものを販売しました。
その他にも、歯に張り付けるものや、ホワイトスポットを治すものなど、多数出てきております。

オフィスホワイトニング(ズームアドバンス)

アメリカで、一番行われているホワイトニング法で、歯を真っ白にできます。