最新設備と最新治療

当院では、日本一ともいえる設備が導入されました。
東北では初、当然、盛岡では初という設備も導入されました。
これは、ものづくり補助金という恩恵を受けて、最新の診断、治療を行うための設備です。
現在、補助金の書類提出が途中の段階で、患者さんに使用する場合は、無料で治験ということで行わなくてはなりません。実際、スタッフや家族に使用してみると、今までにはない治療が可能となる事がわかりました。
マイクロスコープでは今まで見えなかったものが見えるようになります。しかし、見えるから時間がかかるとう欠点もあります。
また、歯周病用の内視鏡・ペリオスコピーは歯肉の中まで見えます。これで、治療した後は、すっきりするようです。これは、今まで手術するしか方法がなかったものが、手術なしでできる利点があります。胃の中を見るときに、内視鏡を使うか手術するかということになります。
これから、できるだけ練習をして、最高の治療ができるように研鑽していきます。

ライカマイクロスコープ

マイクロスコープを使うことによって、目視では不可能なレベルの精度の高い治療が可能となります。

ペリオスコピー

歯科用内視鏡「ペリオスコピーシステム」は、モニターで歯肉溝内の状況を確認しながら、歯石除去およびディブライドメントを行うことができます。