歯科医は歯だけを見るわけではない、そして全身を見る口腔医

よく、親知らずを含め、歯だけを抜いてくれという患者さんがいる。
一般開業医は、全てを見なくてはならない。
そうのような場合は、口腔外科専門医を受診するべきである。
矯正しかも小児歯科もそうなのだが、標榜が出ているところに行かなくてはならない。
私のところは、一般歯科と矯正歯科である。
その為に、現在は、口腔外科と小児歯科はほとんど行っていない。
特に小児歯科は、難しい。
私は、日本の小児歯科のトップの先生の集まりの会に参加しているが、レベルが違いすぎる。そこに参加してから小児歯科は手を出さなくなった。
口腔外科もそうである。最近のインプラント等は大分変ってきている。そういう変化に対応できなくなっている。
しかし、その分一般診療に力を入れている。虫歯の治療や根管治療は最先端の治療を行っている。
こういう部門は不採算部門なのだが、そういうものでもない。本当に根管治療などは、時間がかかるのに治療費が安すぎます。
矯正治療も力を入れています。
一般歯科、矯正歯科ともに、日本のトップクラスの設備と治療を行う自信があります。
その為もあり、口腔外科、小児歯科から離ることを余儀なくされた。
良い設備で良い診療を行うためには、時間をたっぷりとる必要がある。
今、その体制つくりに必死である。
医科でも、風邪を引いて整形外科に行く人はいないであろう。
歯科もそのような時代がおとづれています。