絶対、行ってはいけない歯科医院|盛岡市の歯医者のブログ

絶対、行ってはいけない歯医者

1.手袋ーゴム手袋を交換しない歯医者
 ゴム手袋は汚いものです。毎回、交換する必要があります。見分ける方法は、受付までゴム手袋をしてくる歯医者は、絶対行ってはいけない歯医者です。ゴム手袋は自己防衛なのです。
いくら洗っても、ゴム手袋は綺麗になりません。ゴム手袋を舐めることはできません。
 本当は、口腔外科的には手袋をしない方が綺麗なのです。手術時にゴム手袋をするのは、自己防衛です。手袋をしていない歯医者は、お勧めです。
自分の手は舐めれるけど、ゴム手袋は舐めれない。それが、答えです。

2.根管治療1ー根の治療に器械を使わない
 現在は、根の治療はチタンファイルというものが使われます。そのために、器械を使って根の治療を行うのがほとんどです。根の治療を手だけでコリコリしている歯医者は、絶対成功はしません。手だけで根の治療をしている歯医者は、絶対行ってはいけない歯医者です。

3.根管治療2ー綿栓(根の治療に使う綿)をその場で作る
 根の治療は、無菌的に行う必要があります。その為に根の中に入れる綿は、事前に滅菌しておく必要があります。汚れた手で、その場で作ることは、根の中が細菌だらけになります。
 根の治療で使う綿をその場で作る歯医者には、絶対行ってはいけません。

4.拡大鏡ー眼鏡で拡大して治療していない歯医者
 治療時に、自分の頭に拡大鏡をつけているかどうかです。今は、ライト付きが主流になっていますが、通常の眼鏡だけで治療している歯医者は絶対行ってはいけません。

5.印象材を手で練るー型を取るゴムを手で練っているのは精度が悪い
 見分ける方法は、お口の方を取る時に器械の音がするかどうかです。手で練るのと器械で練るのとでは、精度が全然違います。型を取るゴムを手で練っているのを見たら、その歯医者には絶対行ってはいけません。

行かない方が良いと思われる歯医者

1.水が汚いーユニットから出る水は雑菌だらけです
 ユニットから出る水は、大量の細菌がいます。見分ける方法は、待合室に水浄化装置が設置してあるかどうか、ポスター等で確認しましょう。タービンも毎回、殺菌する必要があります。

2.スタッフが多い歯医者ー経費が掛かるために高額な治療費がかかります
 スタッフがあまりに多い歯医者は、経費が掛かりすぎます。そのために、治療費を多く徴収する必要が出てきます。無理な、診療体系が行われてしまいます。

3.子供の歯を削る
 子供の歯を削ることは、永久歯に影響します。小さい虫歯を削ったりするのは、永久歯に影響を及ぼす場合があります、乳歯に金属を入れる歯医者は、将来、アレルギー等の問題が出てきます。要注意です。

4.高度な器械がないー最新治療が必要です
 患者さんの為に、いかに投資をするかです。現在、歯科治療には三種の神器と言われるものがあります。マイクロスコープ、CBCT(歯科用CT)、CAD/CAMですが、その内の1~2種類は常備しているところをお勧めします。
 今や、必ずあるのが、レーザー機器、根管治療用電気機器、拡大鏡、印象用電気練和器等です。設備投資をしない歯医者は、お勧めできません。

5.ベンツに乗っているー高級外車に乗っていて、設備投資をしない歯医者
 人は自分の為に生きるのではなく、人の為に生きるのです。高級外車に乗っていて、設備投資をしていない歯医者は、自分の為にだけ生きている歯医者です。あまりお勧めしません。

6.歯科医師会の役員をしている
 歯科医師会の役員は大変忙しい毎日です。そのために、勉強会等へ行く暇もありません。
歯科医師会の役員をしている間は、その歯科医院へ行くのは避けた方がいいでしょう。
 日曜診療をしている歯医者も、セミナー等へ行く機会がありません。いかに先生が勉強をしているかを見分けることが必要です。