日本マウスピース矯正歯科研究会

2015年7月5日に、東京の八重洲ホールで平成27年第2回日本マウスピース矯正歯科研究会が行われました。
マウスピース矯正のみならず、床矯正から一般矯正まで知識を深めるために設立された研究会です。
昨今、矯正セミナー費が高騰している中で、ボランテアの講師をお願いして、知識の向上を行っています。
同級生にお願いすることが多いのですが、今回は、初めてCLEAを開発した高橋喜見子先生に講演をしていただきました。
CLEA(クレア)とPLASP(プラスプ)という装置で、かなりの子供達が救われてることに感動いたしました。
また、床矯正では日本ではトップクラスの関崎和夫先生にも再度お願いいたしました。
安易な床矯正は失敗の要因で、警鐘をうながしていました。
私も含め同級生3名で、コラボの講演でした。
今後も、続けていきたいと思います。

平成27年第2回日本マウスピース矯正歯科研究会

平成27年第2回日本マウスピース矯正歯科研究会