痛みを伴わない歯周病治療

ちょうど1年前、アメリカ・アリゾナ州のワトキン博士は、歯周病治療にペリオスコピーという歯科器具を用い、歯根を傷つけずに治療することが可能になったと発表した。
そして、1年後、株式会社モリムラは、ペリオスコピーを6月21日に発売した。

今までは痛みを伴うもの
歯肉の下の歯石を除去する場合は、今までは手探りで行っていたために痛みを伴っていた。また、手術を行い直接歯石を取ることがされてきた。
しかし、ペリオスコピーは、直接歯肉の中を内視鏡で見るために、歯根に傷をつけずに歯周病治療を行う事を可能とした。

実際使ってみた感想
4月にデモを行った。48倍という拡大率で実際に行うと難しい。
3時間ほど研修を行い、コツがつかめてきた。
これはすごい器械です。歯肉の中が直接見えます。
現在、その治療を行った患者さんは、痛みが無かった、膿が出なくなった、すっきりした、などの感想を述べている。

ペリオスコピー(perioscopy)

低侵襲による歯周治療・歯科用内視鏡です。
ディスプレーで歯肉溝内の状況を確認しながら、歯石除去およびディブライドメントを行うことができます。