内視鏡による最新歯周病治療

世界で1機種しかない歯周病用内視鏡・ペリオスコピーですが、その威力がすごい。
昨日、腫れのひかない患者さんの歯肉の中をのぞいてみた、歯石が残っている。それもかなり深いところです。
ペリオスコピーを使って、見ながら歯石を完全に除去しました。右下7番の舌側だったので、手術をしてもよく見えない場所である。ほぼ、30秒程度ですべてを除去。快感です。これで歯肉の腫れも引くでしょう。
当院は、日本で正規に購入した1台目の歯科医院となっていますが、盛岡にも広まって欲しいと思います。
このような、高額な機種を当院で導入できたかは、ものづくり補助金のおかげです。感謝感謝です。患者さんに最新の治療をすることができ、今までお世話になった御礼をすることができます。
まだまだ、ものづくり補助金の関係から正式な治療はできません。ものでいうと試作品、治療でいうと治験ということになります。早く、多くの患者さんに使いたいものです。
その他にも、マイクロスコープ、口腔内スキャナーなどm最新機種が導入されています。
見えないものが見える治療を体験できる日も、間もなくです。

ペリオスコピー

歯科用内視鏡「ペリオスコピーシステム」は、モニターで歯肉溝内の状況を確認しながら、歯石除去およびディブライドメントを行うことができます。