糖尿病検査機器ー岩手県盛岡市津志田歯科医院

糖尿病
血糖値が、病的に高い状態をさす病気です。

血糖
糖質(炭水化物)⇒ブドウ糖(グルコース)⇒エネルギー源

インスリン
インスリンは、血液中のブドウ糖を筋肉や肝臓などへの取り込み、血糖を下げる働きを持つ唯一のホルモンです。膵臓のランゲルハンス氏島という部分のβ細胞で作られ、血液によって全身に運ばれます。

糖尿病の分類
Ⅰ型糖尿病
インスリンを作る膵臓の細胞が何らかの原因でこわされることで、インスリンが作られなくなり、糖尿病になります。子どもや若年者に多くみられます。
Ⅱ型糖尿病
インスリンの分泌が少なくなったり、働きが悪くなるために起こります。おもに中高年以降にみられますが、若年者の発症も増加しています。日本の糖尿病患者さんの約90%が2型糖尿病とされています。

血糖測定
糖尿病の検査は、血糖値とヘモグロビンA1cで調べることができます。
血糖値  血液内のグルコースの濃度
HbA1C ヘモグロビンのβ鎖のN末端にグルコースが結合した糖化蛋白質で、血糖コントロールの指標

糖尿病検査機器
血糖値とヘモグロビンA1cを測定する機器です。
当院では、歯周病の治りが悪く、糖尿病が疑われた場合に測定しています。
その他にも、全身検査のための機器を用意しております。