盛岡市で最新の歯周病の治療法

歯周病治療(歯槽膿漏の治療の種類と方法)

歯肉が血が出る、膿が出る方に朗報
盛岡市についに、高純度微アルカリ電解次亜水生成器が導入されました!

電解次亜塩素酸水による歯周病除菌治療(パーフェクトペリオで有名になりました)

歯茎(歯肉)から血が出る方には、手術をしないで痛みもなく歯周病菌を殺菌できる、夢のような治療です。
さらに、a-PDTといわれる最新治療が、当院で可能になりました。
2012年11月より、LAPTEも行うようになりました。

歯周病菌がなくなります。

さらに朗報!
世界初の歯科用内視鏡を日本で初めて導入することができました。
今まで手術でしか不可能だった治療が、手術なしで可能となります。

ペリオスコピー歯科用内視鏡

今まで手術でしか見えなかった歯肉の中をムることができる、世界最高峰の治療です。

ペリオスコピー

歯科用内視鏡「ペリオスコピーシステム」は、モニターで歯肉溝内の状況を確認しながら、歯石除去およびディブライドメントを行うことができます。

本当に治る歯周病の治療の為に
(歯槽膿漏の治療法が確立されてきました)
最新型の歯周病治療器械で痛みのない治療を受けることが出来ます。
LAPTE(Laser Assisted Perio Treatment with Electrolyzed water)

当院では当たり前にやっている、LAPTEという方法が、最近、脚光を浴びてきています。

LAPT とは、アメリカ西海岸で生まれた技術であり、レーザーを用いた新しい歯周病の治療法です。

数ある種類のレーザーの中でも最新のダイオード(半導体)レーザーを使用し、歯周病の原因である細菌を除去します。

レーザー光を照射することにより、歯周病細菌を除去し、その炎症を起こしている組織を除去します。そうすることで、歯茎の再生や回復を促します。

さらに、次亜塩素酸水などと併用した治療法が、最新の歯周病治療です。
当院では、20年以上前から、行っていた手法が、最近、脚光を浴びてきました。

歯周病だとあきらめていませんか?絶対、治ると信じましょう。

歯を磨くと血が出る、ときどき歯ぐきがブヨブヨになる、歯がグラグラする、口臭がすごい・・・
このような症状のある方はすでに重い歯周病になっているかもしれません。

TV「夢の扉」「おもいっきりDON」で有名になったパーフェクトペリオ水やオゾン水や他の殺菌水によるポケット内超音波療法がありますが、ドクタープラスがバイオフイルムの破壊と溶菌を可能にしました。パーフェクトペリオは一部に薬品が使われているとのことで、一時販売中止になりましたが、ドクタープラスは、
厚生労働省が認可した製法で作られており、
不純物を極限まで取り除いた「超純水※」と純度99%以上の「食塩」からなる低濃度 の「食塩水」を電気分解して生成された『電解機能水』です。

当院でも、盛岡で初めて、高純度微アルカリ電解次亜水を導入しました。
さらに、CO2レーザー照射により骨を溶かす毒素(エンドトキシン)を不活性化させます。

画期的に、歯周組織の改善ができるようになりました。

但し、歯周病の原因はそれだけではありません。再発予防のために、日常のケアや、全身の管理や、生活習慣が大きく影響しますので、正しい指導で管理していく必要はあります。

HClO(次亜塩素酸) 治療

・虫歯、歯周病を治療する。

・「バイオフィルムを破壊してから細菌を『溶菌』させる」

・口臭の原因の多くは、口の中の細菌(歯周病菌)が不要になった口の中のたんぱく質を分解して発生する揮発性硫化物です。

これらの歯周病菌をほぼ完全に殺 菌 しますので、口臭治療にも、高い効果が期待できます。

・従来までの洗口剤や殺菌水 は、酸性の物がほとんどで、菌の殺菌効果はそれなりにあるのですが、酸が歯を溶かしてしまうため、毎日のように使い続けると、逆に虫歯になりやすくなる可能性もありました。

この殺菌水は、ほぼ中性ですので、毎日「うがい」をしても歯を溶かす心配がありません。

ドクタープラス500は、インターネットでも販売されています。 インフルエンザ、ペットの消臭、除菌などあらゆる用途に使用される、人体に無害な水です、一度「ドクタープラス500」で、検索してみると良いと思います。

歯肉が血が出る、膿が出る方にさらに朗報

PDT(Photo Dynamic Theraphy) 治療

PDT(Photo Dynamic Theraphy) と言われる最近大変注目をされている新しい治療法で光線力学療法と呼ばれています。

光による生体組織に直接働きかける事が出来る光による治療法である。

米国では、Cold Laserと呼ばれるレーザー機器を数多く設置した治療センターが出現している。

ペイン・リリーフ(痛みの除去)、ペインマネージメントという表現もされている。

歯科領域では、歯周病に応用され、バイオジェルにペリオウエーブ等の光を照射することにより、 化学反応が起き活性酸素が発生し、歯周病菌が破壊される光殺菌できる画期的なシステムです。

関節、筋肉、等への治療効果が早く現れるので、成形外科、プロスポーツトレーナー、などからの問い合わせも多い。北京オリンピックでは米国選手が使用していたというのもうなずける。日本体育大学での試用データも出ていて、多くのアスリートから良好な結果が出ています。

歯周病の原因菌

歯周病菌を、顕微鏡で見ると、らせん状(spira)の毛(chaete)という意味に由来したスピロヘータ(Spirochaeta)が出現し、梅毒の病原体で代表されるトレポネーマ(Treponema)属が多く居座っているのがわかります。

歯周病の原因菌の中で、代表的な細菌がトレポネーマ菌やジンジバーリス菌といわれています。

歯周病治療は歯石やバイオフィルムを除去して、いかにして歯周病菌の数を少なくして歯周組織の環境を良くするかということです。

当院のポケット内洗浄療法は、このお口の中の菌をきれいにすることができます。一気に全体を殺菌することが必要です。

オゾン水、強酸性水、微酸性水、パーフェクトペリオ水などを使って、歯周病菌を殺菌、除菌をしていますが、患者さんの症状によって使い分けています。歯科医師の判断が必要なので、患者さんの希望によって、使用することは一切していません。

歯周病で歯が痛い時は、痛みはすぐにはなくなりません
その為に、痛くならないために、診査と予防が必要なのです

歯周病の診査

歯垢の有無

歯に付着している汚れがないか調べます

歯周ポケットの検査

歯周ポケットの深さを調べます

歯周ポケットはプローブという器械で調べます。

歯周ポケットが深くなると、歯周病菌が増えてきます。

歯の動き(動揺度)を調べます

歯周病が進行してくると、歯がぐらぐら動いてきます。

その他

レントゲン検査、顕微鏡検査、唾液検査を行います。

歯周病の治療法

歯石の除去とポケット内洗浄

当院の考え方

Full Mouth Disinfection(Quirynen)

1回で全体を除菌するために、 細菌叢の総入れ替えをすることにより口腔内は歯周病関連細菌の再感染を防ぐことが可能です。1日で部分的に、歯石除去などを行う方法は、他の部位に細菌が残ってしまいます。

治療法

ブラッシングの指導や食生活の指導と併行して、歯垢や歯石を除去します。

次の目的のためにPMTCも行います。PMTCはブラシ等やポリッシャーを用いて歯の表面を磨くことです。

 歯周病(歯槽膿漏)や歯肉炎など歯周疾患の予防や改善。

 虫歯菌によって作られたバイオフィルムを破壊することにより虫歯を予防。

 歯の着色を除去し、光沢のあるきれいな歯を保つ

また、歯石を除去すると同時に、器械を用い殺菌水によるポケット内の洗浄をします。レーザー照射を併用することで、デブライトメントも行えます。

根をきれいにするSRPですが、部分的に行うと他の部位が再感染してしまうということがあります。短期間での治療もしくは全顎的な治療が必要になります。

Full Mouth Disinfection S.R.P療法 (カトリック大学・ベルギー)

総合的な細菌感染排除法 ということですが、これは機械的清掃法(SRP)と薬物療法を併用し 短期間で歯周病関連細菌を口腔内から排除し、健康な細菌叢を獲得すること を目的としています。

レーザー照射

歯周ポケット内にレーザーを照射します。

CO2レーザーが安全です。ダイオードレーザーも、デブライトメントに有効なレーザーです。

他のレーザーでは使用法により、時に骨を逆に溶かす場合があります。

PDT(光線力学療法) ぺリオウェイブ・ルミックス

歯周ポケット内にバイオジェルを入れ、光照射することで歯周病菌を殺菌する方法です。

世界最先端の
注目の歯周病治療方法です。

LAPT ( Laser Assisted Perio Treatment)

数ある種類のレーザーの中でも最新のダイオード(半導体) レーザーを使用し、歯周病の原因である細菌を除去 します。レーザー光を照射することにより、歯周病細菌を除去し、その後 炎症を起こしている組織を除去 し、歯茎の再生や回復を促します。

局所的薬物送達療法:LDDS(Local drug delivery system)

この方法は、歯肉の内部(歯周ポケット)に抗菌作用のある薬を直接注入し、歯周ポケット内部の細菌を直接除菌するという方法です。

内科的歯周病療法(歯周内科療法)

これは、ジスロマックという抗菌薬を3日間服用し歯周病菌を除菌します。
ジンジバリスの作ったバイオフィルムを壊すことが証明されています。

また、同時に抗カビ剤(ファンギゾンシロップ・ハリゾンシロップ)によるブラッシングを行います。

殺菌水によるポケット内洗浄療法を行うと、歯周病菌への効果は確実なものとなります。

骨の再生療法

歯槽骨の破壊が著しい場合には、歯周外科手術が行われます。その際、歯周組織再生誘導材料を用いて、歯周組織の再生を促します。
当院では、歯周病の手術は、現在行っておりません。行う必要がないからです。

歯科CTの撮影
重度の歯周病の場合には、歯科CTの撮影も必要です。
今まで、見えなかった病変を確認することができます。