口内炎の知識ー岩手県盛岡市盛岡市の歯医者|津志田歯科医院

口内炎(Stom)





ワンポイント

  「口内炎」は1週間程度で自然に治るものがほとんどですが、2週間以上たってもよくならない場合や痛みがひどい場合、症状が繰り返して起こる場合はすぐ受診しましょう


Q1:口内炎はどのような病気ですか?

A1:一般的に、何らかの原因で、口の中の粘膜(舌、歯ぐき、唇や頬の内側など)に起こる炎症を、総称して「口内炎」と言います。

Q2:症状はどのようなものですか?


A2: 痛み、出血、食事がしみる、口腔内の乾燥、口の中がはれる、口が動かしにくい 、

    食物が飲み込みにくい、 味覚がかわる、会話しにくいなどの症状がでます

Q3:口内炎の原因はなんですか?

A3: 1.機械的損傷

     入れ歯が合わない時や、歯並びが悪く粘膜にあたる時 、 熱いものを食べ、火傷した時 、

      口腔内の粘膜が乾燥している時 に傷つきやすくなります 

    2.口腔衛生不良

     水分や食事の摂取が不十分で、唾液の分泌が不足している時 、 歯みがきやうがいなど口の中を清潔に

      することができない時など、口の中が不潔になるといろいろな菌が繁殖しやすくなります。

    3.全身状態の低下

      病気や過労などで体力が衰えている時 、 食事がとれずビタミン不足(特にビタミンB2)貧血など

      栄養状態が悪い時 、 抗生物質やステロイド剤を多く使用している時、 白血病や再生不良性貧血などの

      病気がある時など口内炎ができやすくなります。

    4.ストレス

      ストレスの溜まる生活をしている場合は、口内炎の発生率が高いということが明らかにされています。

      また、 多くのストレスがかかっている時は、身体の免疫システムは影響を受けて、口内炎ができやすい。

    5.歯磨き粉

      歯磨き粉の種類(中に入っている成分)によって、口内炎が発症しやすくなります。

    6. 食べ物

      ある特定の物を食べたときに、口内炎になる人もいます。これは、いくつかの食品にアレルギーがあると

      いう人もいます。

    7. がんの治療

      放射線療法、化学療法などにより、唾液の分泌低下や口腔内の局所感染を引きおこすことがあります。

Q4:口内炎の治療法にはどのようなものがありますか?

A4: 大きくわけて、1.薬物療法 2.レーザー治療などがありますが、私の医院ではレーザー照射の後に

    薬物を塗布したり、うがい薬でよくうがいしていただく事で、早期に痛みを和らいでおります

Q5:予防法はありますか?

A5:  1.口の中を清潔にするよう心がけることが大切です。

      お口の中の最近が多いのは舌の上と、頬と歯の間です。ぶくぶくうがいは効果的です。

      歯磨きは、朝起きたときと寝る前に必ず行いましょう。

      唾液は殺菌力が強いので、唾液分泌をうながしましょう。

    2.口の中を傷つけないように気をつけましょう 。

      硬い歯ブラシで歯ぐきを傷つけないように注意しましょう。

      虫歯や入れ歯などで傷つくこともあるので、早めに受診しましょう。

    3.体調を整え、健康的に過ごしましょう。

      過労に気をつけ、寝不足にならないよう十分に睡眠をとりましょう。

      バランスよい食事、特にビタミン(C,B2)を多く含んだ野菜や果物をとるのが効果的です。

HOMEへ戻る