ホワイトニング(歯の漂白)の知識ー岩手県盛岡市盛岡市の歯医者|津志田歯科医院

ホワイトニング(歯の漂白)ーホワイトニングQ&A
世界で最先端のホワイトニングを安価で提供!

アメリカ最新のズームやルマクールホワイトニング紹介







世界でトップクラスのホワイトニングができる、歯医者です。今まで、ホワイトニングを行い満足できなかった方でも、必ず白くなります。一番効果的なのは、トータルホワイトニングです。

なぜ、当院が、本当に歯が白くできる歯科医院なのでしょうか?

15年以上前にアルゴンレーザーを購入し、オフィスホワイトニングを開始しましたが、効果はそれほどでもありませんでした。歯へのダメージも大きかったのもオフィスホワイトニングが普及しなかった原因です。同時に10%尿素(現在日本で発売)を導入、効果はそれほどでもありませんでしたが、時代はホームホワイトニング主流になってきました。しかし、

数年前から、新世代のズームやティオン(アメリカ発売のもの)を使ったオフィスホワイトニングが出現して、効果は、満足できるものになりました。現在は、ホームホワイトニングからオフィスホワイトニングへの時代に変わってきています。

しかし、オフィスホワイトニングは、着色物の分解とエナメル質の構造変化によるものです。そこで、

ホームホワイトニングを併用した、トータルホワイト法により、象牙質の腐食変化にも対応し、長く白さを保持できるようになっています。ホームホワイトニングはオフィスホワイトニングの10倍以上の薬剤が必要です。

歴史から見て、歯にダメージの多い
オフィスホワイトニング(一部のホワイトニング法)は問題があり、また、長く使うホームホワイトニング(マウスピースにも問題あり)は健康に害を与えます。正しい選択法で、歯を白くしましょう。

しかし、当院のマウスピース作成法は、特別な製法で作られています。

ホワイトニングコンシェルジェHPのホワイトニング比較表ティースアートHPにホワイトニングの比較表がありますので参考にしてください。

まとめると、下記のようになります。

●白くなる度合い

 
ブライトスマイル
ズームアドバンス
ティオンオフィス
ルマホワイトニング

ビヨンドホワイトニング

ジェルホワイトニング
>ハイライト>
ホームホワイトニング

●しみない順番

 
ブライトスマイル
ティオンオフィスズームアドバンス
ルマホワイトニング

ホームホワイトニング
<ハイライト<
ジェルホワイトニング
<ビヨンドホワイトニング

●回数の少ない順番

 
ブライトスマイル
ズームアドバンス
ティオンオフィス
<ルマホワイトニング<
ジェルホワイトニング
<ビヨンドホワイトニング
<ハイライト

●治療の頻度

 ブライトスマイル
・ズームアドバンス・
ティオンオフィス 半年から1年に1回が理想

 ルマホワイトニング<
ジェルホワイトニング
<ビヨンドホワイトニング
<ハイライト 毎月から3か月に1回が理想
 
ホームホワイトニング 継続して薬剤追加で対応可能ですが、長期使用はお勧めできません。

お勧めは、あまり歯がしみないで、回数が少なく、歯をまっ白くできる、ブライトスマイルかズームアドバンスです!

しみるのが嫌なら、ブライトスマイルかティオンオフィスかルマクール!

後戻りを防ぎたいのなら、ホームホワイトニング(但し、アメリカ製に限る)!

*ビヨンドホワイトニングやジェルホワイトニングやハイライトは、しみて(痛くて)白くなりづらいので個人的にはお勧めできません。
また、日本発売のホワイトニング剤も、アメリカ製のものと使用方法も内容も異なるので、個人的はお勧めできません。健康に害のない、正しい、評判の良い、ホワイトニング方法をお勧めします。

ズームホワイトニング症例を見てみる

ズームホワイトニング治療風景を見てみる

ホワイトニング治療風景を見てみる

なぜ歯が黄色くなってしまうのでしょう。年齢とともに歯は黄ばみ、黄色くなります。

歯についた汚れ・タバコのやにや着色を取りたい人は、PMTCといわれる、歯科衛生士が専門的に歯を磨く
方法で、痛くないスケーリング(歯石除去)の器械やブラシ等を使って、ヤニをとり表面を白くきれいにホワイトにすることが出来るのです。

しかし、さらに真白くしたい人は、ホワイトニングという漂白する方法で、で再び輝いた白い歯を、取り戻しましょう。

当医院では、
ホワイトニング最先端のアメリカでシェア№1のズームホワイトニングの他に、ルマクールホワイトニングやTionやピュールオフィスホワイトニング、ホームホワイトニングは、安価な他院で行うような日本製のホワイトニングも提供してますが、第1世代といわれる日本製のホワイトニング剤と違い、最先端の第3世代といわれるアメリカ製のホワイトニング剤を使用し、2回目以降にはホワイトニング用歯磨き粉など特別な手法があり、確実に歯を白くすることが可能です。

Q1:歯の色が黄色くなる原因は

A1:変色の原因は大きく分けて外因性のものと内因性の原因です。。

 内因性のものは歯の形成過程でできたもの、神経とる治療によるもの、遺伝性の場合、 加齢による変色などの原因です。

 外因性のものは嗜好品によるもので、歯の着色がつく原理は、実際はペリクルの上にカルシウムやイオウ結合が起こり、その上に着色物質を引き寄せ、そこに縮合が起こり着色するのです。茶碗に茶渋がつくのが縮合です。この原理が分かれば着色を取る方法や、つかない方法が分かるわけです。


Q2歯は白くなりますか


A2:ホワイトニングの適応症であれば白くなります。特にテトラサイクリン歯による変色の場合のホワイトニングは、オフィスホワイトニングでしか白くなりません。ホワイトニングの適応症は、表面に縞模様がなく青みがかってないほど、ホワイトニング効果が高く、ホワイトニングをするには最適な患者さんです。

 Feinmanらの分頬 第Ⅲ度 ズームホワイトニング第Ⅲ度の症例を見る

 Feinmanらの分頬 第Ⅳ度  ズームホワイトニング第Ⅳ度の症例を見る

ズームオフィスホワイトニングのホワイトニングで、上記の症例程度の白さになります。


Q3:ホワイトニングの方法を教えてください


A3:主に、ホームホワイトニングとオフィスホワイトニングです。

ホームホワイトニングは自宅で行うホワイトニングの方法で、先日、ある歯科医院に勤務していた技工士さんが当院にきたので、ホームホワイトニング用のカスタムトレーを作っていたというので、ホームホワイトニング用シーネを作ってもらいました。

しかし、ホームホワイトニング用のカスタムトレーの作り方が違っていたのです。

どの歯科医院でも、同じように作っているようですが、ホームホワイトニング用のカスタムトレーの作り方が白さの秘訣で、
当院ではホームホワイトニング用のカスタムトレーを私(院長)が患者さんにあうような作製方法です。

歯科医院選択の際には、ホワイトニングに実績のある歯科医院を選びましょう。

当医院は、岩手県盛岡市で初めて、オフィスホワイトニング(レーザーホワイトニング)治療を行った歯科医院ですが、オフィスホワイトニングはレーザーを使ったレーザーホワイトニングと、他の光を使ったオフィスホワイトニング、光を使わないオフィスホワイトニングなどがあり、
過去に、当医院でも、ハイライトなどの薬剤を使いレーザーを照射してホワイトニングをする場合もありましたが、厳密にいうとこれはレーザーホワイトニングとは呼べないものと考えており、
本来は、アルゴンレーザーなどを用い、特殊な薬剤を用いて行うホワイトニングが、レーザーホワイトニングと考えています。

アルゴンレーザー以外のレーザーホワイトニングは、レーザーの熱によるホワイトニングで、熱ホワイトニングと呼んだほうがいいと思います。

現在の当医院の治療は、アメリカで、シェア1番の最先端のズームアドバンスホワイトニングシステムで、ズームアドバンスプラスをいう器械を使った、オフィスホワイトニングを中心に行っており、この方法は、1回で歯を白くするという利点があるのです。

その他に、光を使わないホワイトニングとして、オパールエッセンスホワイトニングも使用しています。


Q3:ホワイトニングの種類と効果について教えてください


A3:歯磨き粉で白くする場合と、ホームホワイトニングとオフィスホワイトニングに多くの種類があります。

歯磨き粉でホワイトニングをするものは、当医院では、スーパースマイル ホワイトニングアクセラレーター (2本セット) (Robell Research) を使っています。
独自成分「Calprox」がエナメル質表面のタンパク膜を分解して歯を白くするホワイトニング剤です。

ホームホワイトニング用カスタムトレーを作らない方法として自宅で出来るものとして、当医院では、
トレホワイト(treswhite SUPREME)(ULTRADENT) で、
柔軟性のあるマウスピースにあらかじめホワイトニング剤がしみ込んでいますので、
外側のマウスピースを指で押さえて、ホワイトニングジェルが隙間にフィットするようにして、ホワイトニングをします。

また、BriteSmile TO GO(BriteSmile) やズームホワイトニングペンは、
ペンタイプのホワイトニング剤 でエナメル質表面に塗ってホワイトニングをするものです。ホワイトニング効果は、少ないと思います。

ホームホワイトニングは、当医院では日本製ホワイトニング剤は効果が少ないために現在は行っておりません。ホワイトニング剤としては主に、
GC TiON ホームキット (GC USA)のホワイトニング剤を使っています。
酸化チタンを使った新しいホワイトニングシステムです。ホームホワイトニングの中では、効果のあるホワイトニング剤です。

オフィスホワイトニングは、光を使わないホワイトニングとして、
Opalescence Boost PF(Ultradent) を使用しています。過酸化水素38%のホワイトニング剤ですが、
PF配合で知覚過敏を抑えています。 ホワイトニング効果は、光を使うものよりは少ないです。

通常のオフィスホワイトニングは、岩手県の歯科では1台のズームアドバンスホワイトニングシステムを使っています。
Zoom2 25% チェアサイドキット Chairside Kit(Discus Dental)のホワイトニング剤 により、1回で歯が真っ白になります。 オフィスホワイトニングを行うなら、ズームホワイトニングかブライトスマイルホワイトニングのどちらかのオフィスホワイトニングシステムが一番効果的と考えています。

神経が死んでしまった歯(失活歯)でのホワイトニングは、ウオーキングブリーチと呼ばれ、昔から行われてきましたが効果はあまりありませんでした。当医院では、 Opalescence Endo Kit (Ultradent) のホワイトニング剤を使用することにより、失活歯のホワイトニングに効果をあげています。


レーザーホワイトニングに始まり、現在ズームホワイトニングを行う実績のある歯科として自覚して
、今後も、満足のいく最先端のホワイトニング歯科診療を行っていきます。


Q4:ホワイトニングの料金・金額ついて教えてください


A4:自由診療の為に、各歯科医院で料金が違います。実績のある歯科医院で治療を受けることをお勧めします。

ホームホワイトニングは日本発売のものが安価ですが、アメリカ製から輸入したもの方が料金は高いですが歯を強くして、歯を白くすることができます。

゙オフィスホワイトニングが有り、一番白くなるのはブライトスマイル、次にズームアドバンス、Tion、ルマクール、ビヨンド、ピュール、ハイライトホワイトニングという順番で、料金もその順番になります。

歯のしみる順番は、ビヨンド、ズームアドバンス、ハイライト、ブライトスマイル、ルマクールで、Tionやピュールが比較的しみない方法ですが、料金と白くしたい歯の色と料金を比較して選択すれば良いかと思います。

また、治療回数が少なく1回で白くなるのは、ブライトスマイル、ズームアドバンス、Tionの3種類です。

詳細は、ホワイトニング゙料金でご覧ください。


ホワイトニングの治療法についてはホワイトニング治療法へどうぞ!

ホワイトニングの種類についてはホームホワイトニングとオフィスホワイトニングへどうぞ!

ズームホワイトニングについてはズームホワイトニングへどうぞ!

ズームホワイトニングキャンペーン実施中!

ルマクールホワイトニングについては、ルマクールのページへどうそ!

ルマクールホワイトニングモニター募集中!

治療費と費用について

HOMEへ戻る