矯正歯科|盛岡市の歯医者・津志田歯科医院でマウスピース矯正

矯正歯科でマウスピース矯正治療を始める前の知識ー盛岡市津志田歯科医院(矯正歯科)

1.歯列矯正は 難しい治療法です
2.ワイヤー矯正とマウスピース矯正は 全く違う治療法です
ワイヤー矯正専門の先生がマウスピース矯正、マウスピース矯正専門の先生がワイヤー矯正を行うことは 至難の業です
3.マウスピース矯正を行う前には マウスピース矯正の経験を聞いてください
マウスピース矯正を200症例上行っていることが理想ですが 少なくともでも50症例以上行っていないと必ず失敗します

美しい歯並びのための歯科矯正治療ー盛岡市津志田歯科医院(矯正歯科)

1.マウスピース矯正とワイヤー矯正は動かし方が違います
2.矯正歯科専門医は、マウスピース矯正の経験が少ないのが普通です
3.誰でもマウスピース矯正ができるわけではありません
4.インビザラインを行うには、少なくともクリアアライナー(マウスピース矯正)の原理を知る必要があります
クリアアライナークリアアライナー認定医
5.自分でマウス矯正装置を作れるところでないといけません

マウスピース矯正の特徴

1.薄くて透明なので、目立ちにくい
概ねアライナーは0.5mmという薄さなので、違和感なく、目立たなく、使用できます
2.いつでも.笑顔で、思い切り笑える
短時間であれば、大事な時には外せるので、思い切り笑えますし、外さなくても目立ちません
3.食べ物の制限ないため、食事を十分に楽しめる
食事の時は外しますので、いつもと同じ食事が楽しめます
4.お口のトラブルを回避できる
アライナーは外せますので、虫歯や歯周病のチェックができます
5.ワイヤー矯正とちがい、装置の脱落や、痛みが少ない
ワイヤー矯正はブラケットが外れると大変ですが、マウスピース矯正の場合には、アタッチメントが外れても心配いりません
動かす量も少ないので、痛みをあまり感じません、

マウスピース矯正のデメリット

1.装着時間
マウスピースを入れている装着時間を守る必要があります
装着時間が短いと、動かない矯正方法です
2.専門医により、治療効果が異なる
インビザラインなどは、アライン社からシミュレーションが届きます
それを修正する能力が、ドクターによって変わります
装着時間よりも、この作業が重要です
3.困難な症例には向かない
ワイヤー矯正でも一緒ですが、極端に歯並びが悪い症例には、向きません

マウスピース矯正の種類

大きな流れは、クリアアライナーとインビザラインです
その他に、クリアコレクト、アソアライナー、トランスクリアなど10種類以上あります
当院の院長は、すべてのマウスピース矯正の認定医ですので、希望があれば対応できます

インビザラインQ&A

インビザラインのQ&Aは、次のサイトをご覧ください
インビザラインの疑問|Q&A

マウスピース矯正の料金

マウスピース矯正の料金は次のサイトをご覧ください
マウスピース矯正の料金表

トップへ戻る