欠陥住宅、マンション

最近ニュースで「歯」を検索すると、姉歯氏の欠陥マンションのニュースが多く肝心の歯のニュースが見ることが難しくなってきた。国会の証人喚問も終わり、姉歯氏や木村建設や総研の質疑応答を見てやるせない気持ちになった。鉄筋量を減らすことで経費を節減しているという話を聞き、我々では考えられない事である。歯科では金銀パラジュウム合金が高騰しているため、保険で被せ物をすると点数が決められているため、赤字となっている事など患者さんは知らないと思う。総研というと私の自宅も岩手県盛岡市津志田の創建という住宅会社で建てたが、設計段階でここをこうして欲しいというと、それは構造上無理ですとほとんど断られた。数年たった今でも言ったとおりにしてもらえれば、と考えているこのごろであります。(実際は構造上無理ではなかった。)例えば、前を車が通るので二重サッシにして欲しいという事は、性能がいいので十分これで大丈夫です、という事だったが、がんがん外の車の音が聞こえてきて夜に目が覚めることもあります。また、風の強い日などは、窓のところでピュウピュウ音をたてています。音といえば、暖房機などは私たちはすべてコンプレッサーなど音を立てるものはコンクリートで囲んでしまうので、お願いしたのが、今の歯ほとんど音は気になりませんという事で、家の中に設置しました。案の定うるさくて外に設置しなおしてもらいましたが、音はそんなに変わりません。私の母はこの音の影響により今でも耳鼻科通いです。皆さんも健康住宅を建てることを祈ります。今後はそのような方々のために色々なところを検証して掲載していきたいと思いますので、参考にしていただきたいと思います。そういえば、雨樋は壊れたままでした。
ところで、岩手県には欠陥マンションはないと聞いております。歯!歯!歯!

このブログ記事について

このページは、tusidadcが2005年12月14日 06:11に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「高齢者虐待防止法」です。

次のブログ記事は「ナショナル、石油ストーブ」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

ウェブページ

  • about
Powered by Movable Type 5.2.13