レーザーで肩の痛みが消えました

 3月中旬にスキーで転び、肩から落ちました。その後、腕を後ろに回したり、腕を伸ばしたりすると激痛は走っていました。
 整形外科的(様子を見るということ)、内科的にも悪いところはなく、湿布で様子をみるも6月に入っても痛みが消えませんでした。
 昨日ふと思い出しました。当院には日本に数台しかない顎関節用のダイオードレーザーがあるではないか。
 だめを承知で本日昼休みに10分程度肩に照射してみました。
 な、な、何と、痛みが消えたではありませんか。関節の痛みはほとんどなくなりました。
 三角筋の1点に圧痛がありますが、肩は後ろに回すことも出来るようになり、また、腕を伸ばしても痛くなくなりました。
 口が開かないときなど、顎関節にこのレーザーを照射すると口が開くようになります。
 なるほどと思いながら、明日からも昼休みは肩の治療です。

このブログ記事について

このページは、tusidadcが2007年6月 4日 06:23に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「歯科治療が面白い」です。

次のブログ記事は「ゴルフに大敵、肩の痛み」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

ウェブページ

  • about
Powered by Movable Type 5.2.13