情のある政治を!

平成21年8月30日は、歴史的な1日となった。民主党圧勝、自民党惨敗。今後、日本が躍進するような政治を期待したいものです。
小沢一郎氏の父・小沢佐重喜氏も政治家でした。私の父・鈴木八五平は当時の岩手県で小沢派に属しており、親密な関係にありました。
昭和43年(1968年)に、小沢佐重喜氏が死去したときのことを子供心に覚えています。
死去に伴い行われた、衆議院旧岩手2区選挙のことです。岩手県の気仙地区から代議士が出たことがないので、この選挙に私の父を立候補させる話です。自民党はもちろんのこと、気仙地区の有力者などが私の自宅に毎日のようにおしかけ、父を説得しました。
最後の最後まで、父の説得が続きましたが、父は断りました。その結果、小沢一郎代議士が誕生しました。
その理由は、師と仰いだ小沢佐重喜氏の遺言にありました。父が見舞いに行ったときに、「一郎を頼む」と言われたことです。この当時のことは「鈴木八五平追悼録」に詳細に記載されています。
昭和51年(1976年)に大船渡市長だった父は他界しましたが、その前にこのときのことを聞いてみました。当時、父は代議士になりたかったようです。しかし、師との約束を果たすために小沢一郎氏を代議士にすることで、義理を果たしました。「一郎氏も立派になった」と、後悔はしていないとのことでした。
葬儀は市民葬として行われ、国会期間中だったので、葬儀にはほとんどの代議士夫人に参列していただきました。その後も、大船渡に代議士の先生方が来たときに、自宅にご焼香にきていただきました。小沢一郎氏だけ、いまだにご焼香に来ていただけないのは残念です。
当時の小沢氏の秘書は、「まだ若くて、情のなさや、人への思いやりが足りない。あとは、義が欲しい」と言っておりました。真意はわかりません。
これから、民主党政治になります。お願いですので、国民に情のある政治をお願いしたいと思っています。

このブログ記事について

このページは、tusidadcが2009年8月31日 06:41に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「菊池雄星投手」です。

次のブログ記事は「整形外科」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

ウェブページ

  • about
Powered by Movable Type 5.2.13