2010年3月アーカイブ

マウスピース矯正講習会

3月28日(日)に、国際フォーラム(東京)でマウスピース矯正の講習会を受けてきました。
2by1(ツーバイワン)という方法で、現在行っているストレートラインの期間を半分にする方法です。
今までのストレートラインマウスピース矯正は、1週間に1回のマウスピースの交換で行いましたが、2by1は、1週間に2回の交換が必要です。
印象(型採り)も回数が増えます。ストレートラインは、通常は6か月に1回の印象でしたが、2by1は、4か月に1回の印象になります。
費用も、マウスピースの数が増えるのと、薄い高価な材料を使うために、3割増になります。
2年で77万円かかるところを、半分の期間で終わるために、1年で95万円かかることになります。
この料金設定が、ネックですが、通常の痛みのある矯正治療を考えると、安いのかなとも思いますが、どうでしょう。
当院では、他の歯科医院に比べ、安価に設定しておりますので、全国の提携の歯医者さんに行くときは、料金を確認してください。

ちなみに、ゴルフは大分前にキャンセルしていましたが、雪でゴルフ場が閉鎖になりました。(笑)

お久しぶりね!

患者さんに、ブログ辞めたんですか?といわれて、小柳るみ子のお久しぶりねです。
このブログは、世の中を斬るというのが趣旨ですので、好き勝手に書いています。
今日は、ある野球選手の話をしましょう。
昨年の10月頃、私の母がある野球選手の家に、図書カードと色紙とサインボールを持って、行って来ました。お母さんに頼んだら、私はあまり会うこともないから卒業式までは、挨拶に来させますということでした。結構、TVで一緒に写っていたりして!
双子の子供は喜んで楽しみに待っていました。
3月に、本人に会ったときにも、母が直接頼んでいました。
私は、約束ということを重視しています。約束を守らない人間は、人として最低の人間だと思っています。結局、挨拶どころか、色紙もサインボールももらえませんでした。(悲)
実際、道路でキャッチボールをしたりすることが、良いことなのか悪いことなのか、親が教えなくてはいけません。人の家のものを壊したら、親が謝りに来るのではなく、本人にも謝らせなくてはいけません。そういうことを、教えなくてはいけないのが「親」です。
このブログを呼んでいただいてる方には、子供に正しい教育をしていただきたいと思います。
世の中は、ちやほやされると感謝という言葉を忘れてしまいます。
「感謝」「尊敬」「謝罪」この3つの言葉は、生きていくうえで必要不可欠です。
と、好き勝手書いて、すみません。
うれしい出来事が1つ。壊された鉢には、花が咲くと願いがかなうという花でした。もう少しで花が咲くところだったのですが、壊されて残念でした。でも、偶然、買い物に行ってその花を見つけたのです。今は、キャッチボールをする子もいなくなり、安心して、花を育てています。(笑)

このアーカイブについて

このページには、2010年3月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2010年2月です。

次のアーカイブは2010年4月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

ウェブページ

  • about
Powered by Movable Type 5.2.13