2010年4月アーカイブ

広告

最近、歯科医院の広告を多く見かけるようになってきた。
ホームページはまだ広告規制がかかっていないのだが、通常の雑誌や他の媒体での広告規制は厳しい。掲載できる項目は、診療科目や時間など限られたものである。
治療の内容などは、一切触れてはいけないのです。変な、広告を見たら保健所に確認してみると、はっきりと「良いか悪いか」がわかります。
最近見た広告では、インプラント初期費用14万8千円からとか、マウスピース矯正初期費用29万8千円からなどというものである。
東京では多く見受けられるが、今のところ岩手県特に盛岡市ではあまりありません。
岩手県歯科医師会や盛岡市歯科医師会が、注意を払い、警告するべきですが、最近、執行部自体の倫理もうすくなり、会全体の統制も取れていないようであります。
本題に戻り、問題は、明確な費用を出さなくてはいけないということです。
インプラントは、植立しただけで終わるわけがないので、最終補綴物までの料金を記載しなくてはいけない。29万8千円(1本)という形である。
矯正などは、当院ではマウスピース矯正を行っているが、たとえばオペラグラスやクリアアライナーなどは、その都度技工所への支払いが生じるため、矯正検査料、矯正診断料で1万円、最初のマウスピースを含め矯正契約料金が10万円のため、最低11万円で終了します。しかし、11万円~(片顎)とは掲載しないのです。その後、1回2万円かかるために、最低3回くらいは必要で、15万円~(片顎3か月)と記載すればいいのですが、片方だけということはないので、30万円~(両顎3か月)という風に掲載します。
また、ストレートラインやインビザラインというマウスピース矯正は、契約と同時に技工所に全額料金を支払うシステムです。その為、矯正診断料や、矯正分析料、矯正契約料金とマウスピース矯正の費用を掲載することになります。たとえば、当院では診断料と分析料をあわせて5万円、契約料金が20万円、マウスピース矯正の治療料金が1年で40万円なので、65万円(1年)と掲載します。あとはホームページで確認してもらえば、正確な料金が出てきます。
しかし、ある矯正歯科などは検査料、診断料、分析料、契約料、治療費、管理料があるにもかかわらず、契約料金だけを掲載する歯科医院もあるので、詐欺行為みたいな歯医者がいるのは、私自身、歯科医師として恥ずかしくなりますが、明確な料金を提示していただいてから、注意して診療に入ることをお勧めします。
個人的には、私ならそのような歯科医院は初めから信用しませんが、皆さんはどうなのでしょうね?

歯周病の治療方法

 歯周病治療に殺菌水を使っているが、非常に効果が高い。
 微酸性水、強酸性水、オゾン水、パーフェクトぺリオを、一番痛みの少ない超音波スケーラーである、P-MAXプラスを使用して、ポケット内を洗浄するのです。
 その後に、レーザーを照射することにより、ポケット内の歯周病菌はほとんどなくなります。
 また、レーザーにより、骨を溶かすエンドトキシンという毒素もなくなるため、骨が再生されるのです。
 重度の場合には、抗生剤とシロップを併用する治療法にて、歯の動きもなくなることが多いです。
 いろいろ、試行錯誤で行っておりますが、15年以上のこの治療法の経験から、必ず治る病気と思ってきました。
 最近では、マウスピースの矯正を使って、歯周病を治す方法も開発されてきており、興味深いことが出てきました。
 なにか、新しいことがないと、診療に楽しみもないので、一生懸命勉強している、今日この頃です。
 遊びも、十分行うようにしたいです。(笑)

子供の歯科矯正

子供の歯並びが悪くなっています。それに伴って、子供の矯正治療が増えています。
小学生3年生位で、上下のかみ合わせが深い(被蓋が深い)、つまり、上顎の前歯が下の歯茎の方まで来ている子供が多いのです。
上下の前歯は1~2mm位重なるのが理想的ですが、大きく重なって、ひどい場合は下顎の前歯を隠す子供も多いのです。
治療は、床矯正やブラケットをつける治療が通常でしたが、当院ではキッズラインというマウスピースを使った治療を行っています。
痛くなく、さらに夜だけ装着するために、小学生の子供たちは苦痛を感じることなく、矯正治療が行えます。
私も楽ですし、子供たちも非常に楽です。
6歳臼歯と前歯を正常な位置にすることで、ほとんどの場合は治ります。
時には、他の歯の矯正も必要になる場合も有りますが、長くても永久歯がそろうまで、3年くらいの治療ですみます。
マウスピース矯正に批判的な人も時にはいますが、10年後、これからは、マウスピース矯正だねという時代が来ることを祈って、痛くない、見えない矯正を行っています。
大人の方も、透明な矯正歯科治療で、今までやりたくても出来なかった治療が可能になったと喜んでいます。
ほとんどの症例が、歯を抜歯しないでディスキング(ストリッピング)という歯と歯の間に隙間を空ける方法で対応できますが、ストレートラインマウスピース矯正は、抜歯症例でも可能になっています。
色々な面で、楽しい歯科治療が始まりつつあります。

盛岡白百合学園高等学校

盛岡市の盛岡白百合学園中・高(荻原礼子校長)が2010年4月から併設型中高一貫校になるということが、岩手日報ニュースに掲載されていた。
しかし、今年の入試で盛岡白百合学園中学校のアドバンスコース(高校の授業を先取り学習)の子供達が、高等学校のMEコース(特別進学コース)を不合格となっている話を聞いた。
この問題点は、併設型中高一貫校といいながら、事実上、一貫した授業が受けられないということであるのではないか?
また、盛岡白百合学園中学校が盛岡白百合学園高等学校のMEコースに合格させることが出来なかったということではないか?
先生方は、中・高の両方を移動している。もしかして、一貫高というのは先生方が自由に移動できるということなのか?
実際、中高一貫教育というのは、色々な問題点をかかえているのだということだけは知ることが出来たのであります。
ところで、盛岡白百合学園小学校、盛岡白百合学園中学校のアドバンスコース、盛岡白百合学園高等学校のMEコース(アドバンスコース)と進んできた娘の話を聞くことが出来た。
本日、2者面談(担任と生徒)があったそうだ。進学の話だそうだが、希望の大学が国立であった。そこで担任の先生は「馬鹿にしないでね。盛岡一高でも難しいのに、白百合からは無理ですよ。」と話したそうである。
私は、子供の夢や目標は高いほうがいいと考えています。おそらく、成績が悪く、国立大学は難しい状況なのだろう。ただし、まだまだ時間の余裕はある。「今の成績では無理ですが、一緒に頑張りましょう」というのが、教師ではないでしょうか?
私の個人的な意見ですが、最近の親は学校に期待しすぎるが、実際期待してはいけない。しかし、学校は子供達の夢を奪う場所ではないということを知るべきであり、夢を持つことを教えて欲しいものである。

盛岡白百合学園高等学校の校訓
従順
 真の自由を知る喜び
 正しいこと、よいことに自分の意志をあわせて、これを実行すること
勤勉
 能力をみがき役立てる喜び
 正しいこと、よいことのために心を込めて自分の時間を使うこと
愛徳
 互いに大切にし合う喜び
 自分がしてほしいと思うことを他人にもしてあげることを実践する
 やさしい心を培うもの

あなたの隣人を あなた自身のように 愛しなさい

骨粗鬆症(骨粗しょう症)

あるお婆さんが、近所の歯医者さんで歯を抜いて、そのあとブリッジを入れたが、抜いたところが腫れていっても何もしてくれないということで来院しました。
よく見ると、骨粗鬆症(骨粗しょう症)の薬を飲んでいました。
レントゲンを撮ったら、骨が解けてきていました。
骨粗鬆症(骨粗しょう症)のお薬を飲んでいる場合は、3ヶ月間薬をやめてから、抜歯しないと、骨が壊死(腐ってしまう)してしまうのです。
3回位の処置で大分落ち着いてきたとき、来院しなくなりました。
心配で電話をしたら、その歯科医院は、永久保障という制度があり、電話が来て、行かないと保障が効かないということで、行っているということでした。
話に聞くと、全額を補償するものではないようです。
独禁法にひっかかるような、詐欺まがいの歯医者には本当にあきれましたが、いずれ、きちんと患者さんの歯を、治していただきたいと思います。
歯を抜いて、インプラントや自費のセラミックばかりが治療ではありません。
85歳の方に、高額な自由診療は本当に必要かどうか、私なら保険診療で行うと思いながら、いまだ心配しています。
ちなみに、私のところは健診を受けている患者さんは、全額保障しています。

迷う子羊

昨日は東京で講習会。水道橋は地元だと思い軽く考えていた。
東京駅で、総武線に乗ろうとしたら、ない。それなら、中央線に乗ればいけるはずと思ったら、水道橋には止まらない。
ついつい、案内所で聞いてしまった。中央線でお茶の水で乗り換え、次の駅だそうだ。
すっかり、学生時代の頃を思い出した。
私の母校のある、御茶ノ水から東京駅へは、中央線か、総武線で秋葉原で乗り換え、山手線を使うのだった。
長い月日は、記憶までも失わせる・・・
講習会は、マウスピース矯正であったが、今までの知識の復習みたいな感じで、質問もしたのだが、肝心のところのデータは取っていないようだ。
実際、開業医がいちいち細かいデータを、把握できるものではない。
しかし、新しい発想の目途はついた。ディスキング(ストリッピング)などは、15年位前にブラケット矯正を行っていた時に、世界の誰もやってなかった頃に、独自でかってに行っていた。
今度は、新たな独自の方法で、最新のマウスピース矯正を行おうと、思っています。

クリアアライナー

今日の休診日は、クリアライナーというマウスピース矯正の講習会です。
水道橋(東京都)の東京歯科大学で行われます。
水道橋は、私の母校の日本大学歯学部(御茶ノ水)の隣にあり、後楽園球場があるところです。
学生時代は、現在のドーム球場がゴルフ練習場だったため、ゴルフ部の練習で週に数回、通っていた懐かしい場所です。
週に1回は皇居の周りをランニングをして、週に数回は、後楽園のゴルフ練習場で、ゴルフボールを打っていました。
先日、東京での講習会の時は、東京駅で迷いました。
有楽町で地下におりて、東京駅はどちらですかと改札で聞いたら、ここですと答えられました。
すべて、地下でつながっていました。
東京は、学生時代には考えられない変わりようです。水道橋もそうなのでしょうか?
東京駅の地下は、ありの巣のようで、昔はどこに行けば何があるかわかったのですが、今はまったくわからなくなりました。
そういえば、先日、東京駅でバームクーヘンを並んで買ってきたのですが、5きげんテレビを見ていたら、花巻のケーキ屋さんが、これと同じものをまねして販売していました。びっくり仰天です。
ところで、マウスピース矯正の進歩は急速です。
どのような症例にも対応できる、ストレートラインというマウスピース矯正、それを半分の期間で行う「2by-1」の開発、子供矯正のためのキッズラインと、めまぐるしい変化です。
その他にも、1回で印象が終わるインビザライン。但し、これは、治療方針の変化に対応できないのと、症例が限られるために、当院では行わないことにしています。
軽度の歯列不正には、クリアライナー、オペラグラスなどのマウスピース矯正が行われます。これは、片顎(片方の顎)の対応できるためです。
それでは、痛くない見えないマウスピース矯正のほうが患者さんのために良いのに、矯正歯科では、金属やセラミックなどのブラケットをつけて歯列矯正を行うのかというと、ブラケットは材料など10万円もしないのです。あとは、技術料です。
マウスピース矯正は、1個1万円位します。歯科医院の技工所への支払いが数十万になるため、赤字に近い状態です。
しかし、良いではありませんか。患者さんの笑顔を見るためだけに、マウスピース矯正を行う歯医者がいても・・・


口がつく病気で多いのは、口内炎、口角炎、口唇炎、口唇ヘルペスなどでしょう。

口コミで来院される患者さんは、レーザー治療で早く治したい患者さんです。

口の中に「できもの」ができたり、口の中が切れる、水ぶくれや歯肉が腫れて痛い時があります。

これらの病気の診療は、原因によって違いますが 、よく消毒して、薬を処方します。

また、口の中が痛いときや、
膿が出ている時は、口臭の原因にもなります。

患者さんの画像をあらためてみると、口の中が汚れている場合が多いのです。


早く治すためにも、お口の中は清潔にしておきましょう。

このアーカイブについて

このページには、2010年4月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2010年3月です。

次のアーカイブは2010年5月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

ウェブページ

  • about
Powered by Movable Type 5.2.13