盛岡白百合学園高等学校

盛岡市の盛岡白百合学園中・高(荻原礼子校長)が2010年4月から併設型中高一貫校になるということが、岩手日報ニュースに掲載されていた。
しかし、今年の入試で盛岡白百合学園中学校のアドバンスコース(高校の授業を先取り学習)の子供達が、高等学校のMEコース(特別進学コース)を不合格となっている話を聞いた。
この問題点は、併設型中高一貫校といいながら、事実上、一貫した授業が受けられないということであるのではないか?
また、盛岡白百合学園中学校が盛岡白百合学園高等学校のMEコースに合格させることが出来なかったということではないか?
先生方は、中・高の両方を移動している。もしかして、一貫高というのは先生方が自由に移動できるということなのか?
実際、中高一貫教育というのは、色々な問題点をかかえているのだということだけは知ることが出来たのであります。
ところで、盛岡白百合学園小学校、盛岡白百合学園中学校のアドバンスコース、盛岡白百合学園高等学校のMEコース(アドバンスコース)と進んできた娘の話を聞くことが出来た。
本日、2者面談(担任と生徒)があったそうだ。進学の話だそうだが、希望の大学が国立であった。そこで担任の先生は「馬鹿にしないでね。盛岡一高でも難しいのに、白百合からは無理ですよ。」と話したそうである。
私は、子供の夢や目標は高いほうがいいと考えています。おそらく、成績が悪く、国立大学は難しい状況なのだろう。ただし、まだまだ時間の余裕はある。「今の成績では無理ですが、一緒に頑張りましょう」というのが、教師ではないでしょうか?
私の個人的な意見ですが、最近の親は学校に期待しすぎるが、実際期待してはいけない。しかし、学校は子供達の夢を奪う場所ではないということを知るべきであり、夢を持つことを教えて欲しいものである。

盛岡白百合学園高等学校の校訓
従順
 真の自由を知る喜び
 正しいこと、よいことに自分の意志をあわせて、これを実行すること
勤勉
 能力をみがき役立てる喜び
 正しいこと、よいことのために心を込めて自分の時間を使うこと
愛徳
 互いに大切にし合う喜び
 自分がしてほしいと思うことを他人にもしてあげることを実践する
 やさしい心を培うもの

あなたの隣人を あなた自身のように 愛しなさい

このブログ記事について

このページは、tusidadcが2010年4月22日 08:43に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「骨粗鬆症(骨粗しょう症)」です。

次のブログ記事は「子供の歯科矯正」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

ウェブページ

  • about
Powered by Movable Type 5.2.13