広告

最近、歯科医院の広告を多く見かけるようになってきた。
ホームページはまだ広告規制がかかっていないのだが、通常の雑誌や他の媒体での広告規制は厳しい。掲載できる項目は、診療科目や時間など限られたものである。
治療の内容などは、一切触れてはいけないのです。変な、広告を見たら保健所に確認してみると、はっきりと「良いか悪いか」がわかります。
最近見た広告では、インプラント初期費用14万8千円からとか、マウスピース矯正初期費用29万8千円からなどというものである。
東京では多く見受けられるが、今のところ岩手県特に盛岡市ではあまりありません。
岩手県歯科医師会や盛岡市歯科医師会が、注意を払い、警告するべきですが、最近、執行部自体の倫理もうすくなり、会全体の統制も取れていないようであります。
本題に戻り、問題は、明確な費用を出さなくてはいけないということです。
インプラントは、植立しただけで終わるわけがないので、最終補綴物までの料金を記載しなくてはいけない。29万8千円(1本)という形である。
矯正などは、当院ではマウスピース矯正を行っているが、たとえばオペラグラスやクリアアライナーなどは、その都度技工所への支払いが生じるため、矯正検査料、矯正診断料で1万円、最初のマウスピースを含め矯正契約料金が10万円のため、最低11万円で終了します。しかし、11万円~(片顎)とは掲載しないのです。その後、1回2万円かかるために、最低3回くらいは必要で、15万円~(片顎3か月)と記載すればいいのですが、片方だけということはないので、30万円~(両顎3か月)という風に掲載します。
また、ストレートラインやインビザラインというマウスピース矯正は、契約と同時に技工所に全額料金を支払うシステムです。その為、矯正診断料や、矯正分析料、矯正契約料金とマウスピース矯正の費用を掲載することになります。たとえば、当院では診断料と分析料をあわせて5万円、契約料金が20万円、マウスピース矯正の治療料金が1年で40万円なので、65万円(1年)と掲載します。あとはホームページで確認してもらえば、正確な料金が出てきます。
しかし、ある矯正歯科などは検査料、診断料、分析料、契約料、治療費、管理料があるにもかかわらず、契約料金だけを掲載する歯科医院もあるので、詐欺行為みたいな歯医者がいるのは、私自身、歯科医師として恥ずかしくなりますが、明確な料金を提示していただいてから、注意して診療に入ることをお勧めします。
個人的には、私ならそのような歯科医院は初めから信用しませんが、皆さんはどうなのでしょうね?

このブログ記事について

このページは、tusidadcが2010年4月28日 08:46に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「歯周病の治療方法」です。

次のブログ記事は「ゴルフ用めがね」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

ウェブページ

  • about
Powered by Movable Type 5.2.13