予知能力

人には第六感といわれるものがあるのでしょうか?予知能力といわれるものには、よく動物は、地震や津波を事前に避ける能力があるといわれています。人間も「正夢」とか「虫の知らせ」など言われることがあります。
私も、よく人の心が読めるといわれることがあります。「こういう話をしていたね」、というと、「盗聴器でもつけているのですか」と、20年も前に言われたものです。だから、よく人がうそをついているのを見抜くことがあるのです。
また、うたた寝の時や、朝方の夢の時に変な画像が映し出されることがあります。
最近、電車の前に人が飛び込んだ夢を見て、目が覚めたことがありました。なんで、こんな夢を見たのかとその時は思っていました。
本日、家族で東京を往復して来ました。なぜ、今日、東京を往復しなければならないかは、わかりません。買い物でも行くかということを私が話したのです。
お茶の水のわが母校、両国国技館、スカイツリー、歌舞伎座、銀ブラ、原宿、渋谷、新宿と回って、なぜか、その時に韓国通りを通り、新大久保まで歩いてしまって、東京駅に戻ろうということになったのです。
山手線で新宿に戻り、中央線を待っていたときに事件が起きました。
電車が入ってきた時に、大きな警笛が鳴らされました。電車の方を見た瞬間、人が電車の前に飛び込んだのです。自殺らしいです。
スローモーションでも見ているように、電車の前に人が飛んでいきました。大きな声を出して、絶叫したのを今でも思い出します。
50mくらい離れていたでしょうか。まだ、目の前でなくて良かったと思っていますが、この光景が夢で見たものとすっかり同じだったのです。
良いことも夢に出てきて、時々、現実になることもありますが、潜在的に思っていることが出てくるのでしょうか?とにかく、不思議でなりません。
ところで、東京は、とにかく人で大変でした。私は、学生時代は東京に「渋谷」「高円寺」と住んでいましたが、まったく変わっていました。
原宿の「竹下通り」は、人で歩くことすら出来ないくらい一杯でした。原宿は、東京に行った時に初めて行ったところです。
吉田拓郎の「ペニーレーンでバーボンを」という歌に魅せられて、友達とペニーレーンに行きました。その時に、吉田拓郎さんと浅田美代子さんを見かけました。浅田美代子さんは、すごくきれいで、いまだにあんなにきれいな人はいないと、感じたのを覚えています。
渋谷は、私は道玄坂の上に住んでいましたが、毎日通っていた長屋が、109になっています。いまや、人ですごいことになっていました。昔は、私の通学路に、いいお店が路地にあったので、なつかしく子供達と歩いてみたら、すべてホテルになっていました。
子供達は、すっかり東京のイメージが変わったといっていましたが、いい経験になったと思います。東京には、表と裏があるのです。
東京にいる頃は、よく人にも騙されました。いいものがあるからと言われ、5千円でいいからと、欲しいものを路上で見せてもらい、その場で買って家に帰ってみると違うものが入っていたり、今となっては笑い話です。
偶然ということは人にはあります。受験の日に、同じ新幹線に「キャンディーズ」の3人が乗っていて、「受験頑張ってください」と参考書にサインをもらったことが、自分が頑張るきっかけだったり、憧れの吉田拓郎さんに会えたり、他にも、なぜか新宿の「こまどり姉妹」のお店に入り、2人の生き様を教えられたりと、人との出会いが人を変えるものです。
当時はお姉さんが「がん」になり、妹さんが1人でお店をやっていて、お姉さんが朝の3時頃にやってきて、私に「頑張って」といいながら、肩をもんでくれたのを思い出します。暇なお店でしたが、最近テレビで見ることもあり、なぜか嬉しく思います。
私は、患者さんにいつも幸せになってほしいと思い診療しています。痛くないように、と祈りながら診療すると、痛みは少ないようです。
この人は、私の力では幸せになれないなと思ったときは、離れることにしています。
人は人を愛せば、愛されます。それが、人の持つ、本来の能力なのかもしれません。
 ちなみに、夢占いでは、他人の自殺するところを目撃する夢であれば、他人のミスの影響を少なからず受けてしまうことの暗示だそうです。まあ、人のために自分が犠牲になるのは、性分ですね。
 また、見るとラッキーな夢は、おいしさを味わう夢、死んだ家族の夢、釣りの夢、走る夢、歯の夢、感動する夢、星なんかだそうです。
 そういえば、いつか夢の中で、誰かに追われて走っていました。

このブログ記事について

このページは、tusidadcが2010年5月 3日 08:48に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「ゴルフ用めがね」です。

次のブログ記事は「趣味を極める」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

ウェブページ

  • about
Powered by Movable Type 5.2.13