アメリカへの恩

 最近、中国問題が話題になっています。
 今の民主党政権は、中国ともアメリカとも仲良くしようと思っています。
 その結果、どちらからも相手にされなくなってきています。
 以前に風見鶏の話をしましたが、やはり日本の成長はアメリカに依存することが多いと思います。やはり、中国には強い態度に出て、アメリカと仲良くするべきと思います。中国とは経済問題等の場だけで交流をして、アメリカとはすべての面において交流するというのが、良いのではないでしょうか。
 中国との付き合いは一線を引き、それ以上の付き合いをすると、アメリカに放り出されてしまうと考えます。
 最近、日本社会でも「恩を仇で返す」人もいっぱいいますが、私などはしょっちゅう仇で返されているので、しょうがないかなとも思っています。
 人の心を傷つけ、自ら、反省しようとする人間が少なくなってきているのでしょうか?そういう人は、そや言い訳を並べて、弁解するのが関の山で、顔だけ笑って、心で裏切られることには、いささか疲れてしまいます。
 私は、風見鶏でないので、仇で返された人とは絶対付き合わないようにしています。これは不偏です。
 顔で笑って心で憎むのは、醜いことです。顔も心も{笑うか」「憎むか」にするのが、私の人生観なのです。
 今週は、東京に勉強会に行ってきます。また、新しい診療を取り入れますので、私の患者さんは楽しみにお待ちください。(仇で返す患者さんはお断りです「笑」)

このブログ記事について

このページは、tusidadcが2010年11月16日 09:08に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「津志田小学校開講30周年記念祝賀会」です。

次のブログ記事は「銀婚式」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

ウェブページ

  • about
Powered by Movable Type 5.2.13