最新歯科治療

最新治療には、常に試行錯誤が必要です。ips細胞についても同じです。
10年前は考えられなかった治療が、今では当たり前のように行われています。
歯科治療でも同じような事が言えます。
歯を削る時は、昔はエンジンで行っていたのですが、今ではタービンという器械で削ります。
歯に詰めるもの(レジン充填)も、昔は練って詰めていたのですが、今では光で固めます。
根の治療も、手で行っていたものを、今では機械で行うことが主流になってきています。
インプラントの材料も、バイオセラムで行われていたものが、今はチタンになっています。
歯の型も、お口の中に印象材を入れてとっていたものが、光学印象というものも出てきました。
オフィスホワイトニングも、レーザーで行っていたものも、LEDなどへ変化していています。
歯の矯正でも、金具で行っていたものが、マウスピースで行うことも可能になってきました。
マウスピース矯正も、10年前は学会でも否定的でしたが、今ではほとんどの大学で行われるようになりました。
レーザー治療も、治療方法に大きな変化が出てきました。コールドレーザーなどが興味深いものです。
但し、その時々で、否定的な先生方がいるものです。悲しいことです。
いまだに、レーザー治療で骨ができるわけがない、マウスピース矯正で歯が動くわけがない、などと言っている先生もいます。
10年後にしかわからない治療方法と考えていますが、最新治療を行うことは、将来の歯科治療にとって、必要と考えます。
今、最適の治療を求め、やることが必要で、頭から否定することだけは、やってはいけない行為です。
当院でも、インプラントは、バイオセラムから、スミシコンというチタンのもの、ITIインプラントなどへと変化させました。バイオセラムなどは、結果的に長期に保存することは困難でしたが、その時の最高の治療方法でした。
オフィスホワイトニングも、アルゴンレーザーから、LED、ズームアドバンスへと変化してきましたが、レーザーホワイトニングは効果はあまりなかったような気がします。それでも、当時輸入して行った価値は、現在の臨床にいきています。
マウスピース矯正も、クリアライナー、オペラグラス、DENマウスピース、アクアシステム、イークライナー、ストレートライン、インビザラインと、講習会があるものは全て受けて、今に至っています。一番多かった症例はストレートラインですが、その時の最高の治療方法でした。しかし、今では、否定的になっています。現在は、インビザラインを推奨しています。その理由は、2月にスマートトラックというマウスピースの開発にありました。当院では、ストレートラインの患者さんの全てをインビザラインに変更いたしました。
その、時々の最高の治療に移行することが、医師の責務と考えているからです。
本日現在で、今年、インビザラインが出荷された症例数は72症例です。盛岡市としても岩手県でも最高の実績例と思います。
他の医院でも、岩手県で一番の実績と掲載されていますが、虚偽の広告ですので、ご注意ください。
当院では、このたび3Dのシステムを導入しました。インビザラインも3Dシュミレーションで行うのですが、自分の医院で模型をスキャンして、3Dのソフトで編集をします。それを、3Dプリンターで出力するのですが、試行錯誤の毎日です。
10年後には、当たり前の治療になっているかもしれませんね。

このブログ記事について

このページは、tusidadcが2013年8月28日 09:55に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「安愚楽牧場類似事件」です。

次のブログ記事は「3Dプリンター不良品?」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

ウェブページ

  • about
Powered by Movable Type 5.2.13