2013年9月アーカイブ

日本初のシュミレーションシステム

ストレートライン・Sakura・キッズラインのンマウスピース矯正の悲劇から、半年。
津志田医科医院の矯正治療が進化しました。 
新しいプリンターの交換品が届き、キッズラインの最新バージョンもいよいよ本格的な始動です。 
技工室に、雑然と新しい設備が設置されました。

手前に、マウスピースを作製する器械(バイオスター)、次に最新コンピューター
模型を読み込む3Dスキャナー、3dプリンターが2台並んでいます。

子供の矯正は、拡大と歯列の整列になりますが、その時期が重要です。
シュミレーションは、最新のシュミレーションソフトにより行います。
インビザラインのクリンチェック並みのシュミレーションです。

歯科医院で、このシステムを導入したのは、日本で当院が初めてです。

CubeX Duo

ブルーレから購入した、CubeXDuo、一生懸命調整したのだが、やはり思った通りに動かない。
ブルーレに連絡しても、適切なアドバイスがない。ついに連絡が途絶えた。
初期不良の製品だが、USBを読み取らないので、プリントアウトができない。
現在は、もう1台を購入して、稼働中である。
購入する時は、正規代理店でなければいけませんね。痛感しました。(泣)
しかし、当院のマウスピース矯正は、進化しました。
最近では、小矯正(MTM)に応用して、それから補綴にはいるような症例も増えてきました。
切らない、削らない治療を目指して、努力中です。

3Dプリンター不良品?

最近、運がないような気がする。患者さんに早く高精度のマウスピースを提供したいと考え、3Dプリンターを購入した。
ほとんどが1か月以上の待ちだったので、すぐに納入できるところで、ブルーレという会社から購入することにした。
http://www.brule.co.jp/ ( BRULÉ, Inc. ) 
BRULE Inc. からすぐに、CubeX Duo が届いた。しかし、プリント版を止めるところの磁石がとれているのだ。
次の写真は、ブルーレから購入したCubeXDuoと、器械の方に残っている磁石である。

さらに、困ったことにエラーが続出である。出力する際に、PLAが出なくなったのである。
問い合わせしてみると、中でひっかかているかもしれないと開けてみたら、絡んでいた。
現在は、.cubeのファイルが、電源をいちいち切らないと読み込めない。 
出てきた造形物が、流れたようなものができてくるなど、深刻である。
CubeXの評判はネットには出てないが、これは初期不良品なのか?
問い合わせしても、画像を送って下さいといわれるだけで、対処も対応もない状況です。

そこで、次に「 MakerBot Replicator 2X 」を、購入したいと思っているのですが納期を教えて下さいと、メールをしました。すると、すぐに送られてきました。
組み立ても終了して、設置も終了、いざ電源をつなごうと思った瞬間に、不良品である。
電源をいれるプラグがないのである。こんなことってあるのでしょうか?
ブルーレ( BRULÉ, Inc. ) から届いたものが左で、正規品が右の画像である。

初期不良品というよりも、一流メーカーがこのようなミスをするのだろうか? 
ストレートラインマウスピース矯正で、被害を受けて、さらにこのような不具合が生じています。
なぜか、運が悪いとしか言いようがない。

このアーカイブについて

このページには、2013年9月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2013年8月です。

次のアーカイブは2013年10月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

ウェブページ

  • about
Powered by Movable Type 5.2.13