日本初のシュミレーションシステム

ストレートライン・Sakura・キッズラインのンマウスピース矯正の悲劇から、半年。
津志田医科医院の矯正治療が進化しました。 
新しいプリンターの交換品が届き、キッズラインの最新バージョンもいよいよ本格的な始動です。 
技工室に、雑然と新しい設備が設置されました。

手前に、マウスピースを作製する器械(バイオスター)、次に最新コンピューター
模型を読み込む3Dスキャナー、3dプリンターが2台並んでいます。

子供の矯正は、拡大と歯列の整列になりますが、その時期が重要です。
シュミレーションは、最新のシュミレーションソフトにより行います。
インビザラインのクリンチェック並みのシュミレーションです。

歯科医院で、このシステムを導入したのは、日本で当院が初めてです。

このブログ記事について

このページは、tusidadcが2013年9月20日 09:58に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「CubeX Duo」です。

次のブログ記事は「レーザー歯学会」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

ウェブページ

  • about
Powered by Movable Type 5.2.13