口内炎と口腔癌(舌癌)

口内炎の患者さんが、よく来る。
最初に行う作業は、癌スコープを使った診断である。
悪性のものでないと診断したときは、レーザーを当てる。
当院にあるレーザーのうち、コールドレーザー(LUMIX2)は、どのような疾患に当ててもよい。
しかし、CO2レーザーなどは、口内炎には効果的だが 舌癌には不適だ。
そのため、確かな診断が重要なのである。
堀ちえみさんの 回復を願う。

このブログ記事について

このページは、tusidadcが2019年2月20日 06:17に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「患者さんの差別化」です。

次のブログ記事は「口腔内スキャナー(オムニカム)とセレック」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

ウェブページ

  • about
Powered by Movable Type 5.2.13