3D 歯根の抽出 と 歯の合成

CBCTから歯根の抽出をすることは そんなに難しくはない
そのデータと 口腔内スキャナーや印象模型を合成させるのである
さらに そのデータを使って シミュレーションを行うことができる
現在 インビザラインなどでは そこまで再現していないが こういう方法が確実に歯列矯正を行うために必要なのである
これを できる人間は 日本でも限られている
歯科の分野は 進歩が遅い

sikon.jpggousei.jpg

このブログ記事について

このページは、tusidadcが2019年3月16日 12:35に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「3D」です。

次のブログ記事は「究極の歯列矯正」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

ウェブページ

  • about
Powered by Movable Type 5.2.13