3M トゥルーデフィニションスキャナー

3M トゥルーデフィニションスキャナー(口腔内スキャナー)が、ついに亡くなりました。
私の買ってはいけない 歯科機械のナンバーワンです。
理由の一つは、3M トゥルーデフィニションスキャナーは、粉を振らなくてはいけないという点です。
精度が良くなるという理由ですが、これからの時代に即しておりません。
次に 3M トゥルーデフィニションスキャナーのカメラが小さいということです。
カメラが小さいと 撮影範囲が小さいために スキャンの時間が長くなります。
また 3M トゥルーデフィニションスキャナーのデータの取得方法です。
一度サーバーに上げて 戻ってくるのを待つ必要があります。
当院では、早くて2日、長くて2週間かかりました。
あまりに使えないので、毎月の使用料をやめました。
月3万円ですが、これでデータが取れなくなります。
現在は、3M トゥルーデフィニションスキャナーをやめて、オムニカムを購入しました。
口腔内のスキャン時間は、3M トゥルーデフィニションスキャナーだと30分、オムニカムだと1分で済みます。
歯医者の皆様は、良いものを購入しましょう。

このブログ記事について

このページは、tusidadcが2019年3月12日 04:55に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「インターネットへの投稿」です。

次のブログ記事は「口腔内スキャナー(オムニカム)を導入しました」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

ウェブページ

  • about
Powered by Movable Type 5.2.13