2019年7月アーカイブ

歯周病菌 光殺菌装置

歯周病菌用の 修理中の光殺菌装置が届きました
こちらのミスで 故障させたのですが 無料で交換していただきました
この器械は 薬を歯肉内(ポケット)に入れて 光で殺菌する方法です
インプラント周囲炎にも 効果があります

hikarisakkin

シロナのプライムスキャンの発表会に招待させて 行ってきました
今まで オムニカムがシロナの製品だったのですが 今回は 金属も粘膜も スキャニングできるようになっていました
どんどん 進化していきます
primescan.jpgのサムネイル画像primescan-oralscaner.jpg

歯科医療に執筆

この度 歯科医療(第一歯科出版)に 執筆させていただきました
昨年 クイントエッセンスに4か月に渡り 執筆した以来です
今回も 何回か シリーズで公開します
世界でも報告のないものを選び 執筆しています
今回は アルジネート印象のスキャン方法についてです
これで 多くの歯科医院の考え方が 変化していくものと信じていますsikairyou.jpg201907-sippitu.jpg

歯医者の雑菌(水・タービン)

歯医者の治療で 水まで注意しなくては ならないという時代になりました。
安心して治療を受けるためには どういう衛生管理をしているかを 調べる必要があります。
手は タオルじゃなく 紙で拭いているか
タービンは滅菌されているかどうか(袋に入っていれば安心です)
ユニット(診療台)の中の水は 衛生的か?
色々ありますが こういうところに費用をかけるのが 重要なのです
zakkin.jpg

私は 典型的な かかりつけ歯科医

かかりつけの歯科医とは 真っ先に相談できる歯科医のことです
そのためには 歯科医と良好な関係を保つことが 必要です
当院では 健診を受けている患者さんを 優先的に治療しています
何かがあれば すぐに診療をできる体制を とっています
スウエーデンでは 健診を受けていない方は 保険料や治療費が 莫大になります
ようは 健診 = 保険料 みたいなものなのです
数年ぶりに 電話が来る患者さんなどは かかりつけの患者さんに迷惑が掛からないと判断した場合に 見るようにしてますが こういうのは 自己責任なので どのような状況であっても 優先的に診療は致しません
当院は かかりつけの患者さんを 大切にしています
突然 久々に電話がかかってくる患者さんは 自己主張が強いのか 言い訳が多いのか 他の方の迷惑を考えない場合が少なくありません
当院は 健診を受けている患者さんは 守ります
安心して お電話ください

インビザライン iGO

インビザラインの初心者向けに開発された マウスピーズ(アライナー)矯正
インビザラインの専門医は 行うことができません
まだ インビザラインを行ったことのない先生などに 準備された簡単な症例の インビザラインです
通常は 簡単なアライナー矯正は インビザラインを使う必要がありません
一度 インビザラインの経験豊富な 歯科医院で ご相談ください

歯医者の滅菌

歯医者では 削る機械(タービン)などは オートクレーブ(高圧蒸気滅菌機)で滅菌されます
しかし 一部では そのまま使用しているところも少なくありません
その他の器械も 滅菌が必須なのです
一番汚いのは 診療台(ユニット)の中を流れる水なのです
どぶの7倍の細菌と言われています
そこを 感染対策するかも重要な課題です
あとは 手袋です
口腔外科では 手袋をしない方が綺麗と教えられていますが 実際 自分を守るために 手袋をしているところが多いです
しかし 患者さんごとに変えなかったり 受付に手袋のまま行くところも 少なくありません
また 手を拭くのは 紙でなくてはいけません
タオル等は 雑菌だらけです
そういうところを よく 注意して観察すれば 良い歯医者か 悪い歯医者か わかるでしょう

歯を削るドリルの「使い回し」が36% 歯科医が明かす裏事情とは?

このアーカイブについて

このページには、2019年7月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2019年6月です。

次のアーカイブは2019年10月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

ウェブページ

  • about
Powered by Movable Type 5.2.13