歯医者の滅菌

歯医者では 削る機械(タービン)などは オートクレーブ(高圧蒸気滅菌機)で滅菌されます
しかし 一部では そのまま使用しているところも少なくありません
その他の器械も 滅菌が必須なのです
一番汚いのは 診療台(ユニット)の中を流れる水なのです
どぶの7倍の細菌と言われています
そこを 感染対策するかも重要な課題です
あとは 手袋です
口腔外科では 手袋をしない方が綺麗と教えられていますが 実際 自分を守るために 手袋をしているところが多いです
しかし 患者さんごとに変えなかったり 受付に手袋のまま行くところも 少なくありません
また 手を拭くのは 紙でなくてはいけません
タオル等は 雑菌だらけです
そういうところを よく 注意して観察すれば 良い歯医者か 悪い歯医者か わかるでしょう

歯を削るドリルの「使い回し」が36% 歯科医が明かす裏事情とは?

このブログ記事について

このページは、tusidadcが2019年7月 2日 11:00に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「口腔内スキャナーの精度を上げる方法」です。

次のブログ記事は「インビザライン iGO」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

ウェブページ

  • about
Powered by Movable Type 5.2.13