応召義務

患者さんは 医療機関の応召義務とは 必ず患者さんを見なくてはいけないと 勘違いしています
今回 厚生労働省から 見解が出されました
医療機関の状況に応じて 紹介できる歯科医院があれば 必ず見る必要がないというものです
当院では 検診を受けている患者さんは すぐにでも診てあげたいので 対応させていただいています

医政発 1225 第 4 号

令和元年 12 月 25 日

各都道府県知事 殿

厚生労働省医政局 長 (公印省略 )

応招義務をはじめとした診察治療の求めに対する
適切な対応の在り方等について

 

正当化される場合は、医療機関・医師・歯科医師の専門性・診察能力、当該状況下での医療提供の可能性・設備状況、他の医療機関等による医療提供の可能性(医療の代替可能性)のほか、患者と医療機関・医師・歯科医師の信頼関係等も考慮して緩やかに解釈される。

 

現在 医療機関として 予約状況や信頼関係もふまえ 検診を受けていない患者さんや キャンセル(遅刻)の患者さんの対応が できない状況下にありますので ご理解のほどお願い申し上げます 

このブログ記事について

このページは、tusidadcが2020年1月14日 14:22に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「マウスピース矯正」です。

次のブログ記事は「究極の歯周病治療」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

ウェブページ

  • about
Powered by Movable Type 5.2.13