インビザラインで治すには?成功と失敗!

インビザラインという矯正方法は マウスピース矯正(アライナー矯正)と言われ 薄いプラスチックみたいなマウスピースを入れて治すものです
特徴は 目立たなく痛みが少ないということです
欠点は かみ合わせを 確実に治せないということです
目的が審美的なものであれば問題ありませんが かみ合わせの場合は 針金(ワイヤー)矯正になります
この画像は インビザライン終了間際のものですが 奥歯のかみ合わせがうまくいきません
そこで重要なのが 最終的に自分でマウスピースを作るということです
これは この3Dモデルを シミュレーションソフトに取り込みます
そこで 歯を並べ 3Dプリンターで出力して マウスピースを作るのです
当院では 全ての装置が揃っているので このようなことが可能です
東北では この設備がそろっているのは 津志田歯科医院だけです
当院では症例数も多く 経験が豊富です
必ず 経験が少ない先生が行うと 失敗する矯正方法です
成功に 導きましょう
invi-1.jpg>

このブログ記事について

このページは、tusidadcが2020年1月17日 08:27に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「究極の歯周病治療」です。

次のブログ記事は「岩手県のコロナウイルス」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

ウェブページ

  • about
Powered by Movable Type 5.2.13