歯科医院での 新型コロナ対策

歯科医院での新型コロナ感染の可能性は次の3つです
1.歯科医院から患者さんへの感染
2.患者さんから歯科医院への感染
3.患者さん同士の感染

対策
1の歯科医院からの感染対策は
1)歯科医療従事者が感染しないこと 歯科医療従事者の 徹底した三密の排除
a) 当院の現在出勤のスタッフは 管理下にあり 食以外は 外出しないようにしています
b) スタッフ間の感染を防ぐために スタッフ数を減らしています
c) マスクの着用や手指消毒の回数を増やすなど 感染予防対策を十分に行っています
d) 毎日の検温や問診にて 体調管理を行っています

2)歯科医院から患者さんへの感染が起きないこと
a) 空気感染を防ぐために 数台の空気清浄機の設置、次亜塩素酸水での殺菌を行っています
b) 徹底した手指消毒、すべての器具の滅菌を行っています
c) マスクの着用

2の患者さんから歯科医院への感染
これが 一番注意を払うところです
a) 患者さんの健康観察
b) 感染地域からくる患者さんの自粛

3の患者さん同士の感染
a) 初診患者さんの拒否、患者数の削減により 待合室での三密を避けてます
b) 付き添いの方は車でお待ちいただいています
c) 患者さんのマスク着用

このブログ記事について

このページは、tusidadcが2020年4月23日 04:40に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「コロナで歯科治療は大丈夫?」です。

次のブログ記事は「滞納太郎ー盛岡市役所」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

ウェブページ

  • about
Powered by Movable Type 5.2.13