貴方の10年後は大丈夫?

歯科治療を行っていて 10年後 その歯医者は残っているでしょうか?
これは 継承を含め重要なことです
私は8年前にインプラントをやめました
これは 10年後 自分が管理できるかどうかに自信がなかったからです
今となっては 跡継ぎもでき 自信をもって大丈夫と言えますが 無責任な治療はできないのです
当院に来る患者さんでも 前の歯科医院がなくったので見てほしいという患者さんがおります
しかし 保険診療なら良いのですが 保険外の診療は 非常に困ります
どうしても使えなくなった場合は あまり 触れないのです
本来 作り直しがベストなのですが 他の歯科医院で作ったものは 料金も全額いただきます
特に 入れ歯などは 顎の形が変わります
20歳の時に 100万円のスーツを買って 高かったから60歳で着たいと言っても 本来は無理なのです
何とかして着たい気持ちはわかるのですが 現実問題 無理難題です
歯も一緒で 10年後 その歯科医院はどうなっているかも考えて 歯科医院選びをする必要があるでしょう
今は 矯正治療など長くかかる治療もやってますが これは 後継者ができたからです
安心して 10年後、20年後も 見ることができるでしょう

このブログ記事について

このページは、tusidadcが2020年6月 5日 16:06に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「コロナウイルスによる歯科医院受診抑制について」です。

次のブログ記事は「コロナで歯が悪くなる?」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

ウェブページ

  • about
Powered by Movable Type 5.2.13