老人の日と敬老の日

老人の日と敬老の日

今は老人の日と敬老の日があるそうだ。昔から15日は敬老の日としてなじんできた。
そこで、本日のニュースでは女性の100歳以上は約2万3千人、男性は3千人と紹介されていた。
先日、昭和22年の寿命は50歳と聞き驚いたばかりである。人生50年といわれていた時代であろう。
また、このたび8020推進財団が抜歯の調査をした。50歳以降に抜歯する人がかなり多いことに驚かされた。人の寿命の伸びに歯の寿命はまだまだ追いつかない。原因の42%が歯周病ということである。
なんとか皆さんに自分の歯で食事をしていただきたいと願うばかりです。

page top