虫歯を殺菌するMTA療法ー盛岡市の歯医者・津志田歯科医院

MTAとは

Mineral Trioxide Aggregate
工業界で用いられるポルトランドセメントに類似した材料。ケイ酸3カルシウムが主成分です。
MTAは、強アルカリ(ph12)で、大部分の細菌はph9.5で殺菌できると言われています。

MTAセメントの特徴

1.削る量を最小にすることができる

エナメル質に穴が開き象牙質まで到達すると虫歯の進行は速くなります。虫歯の治療で虫歯を削り取っていく時に象牙質の中の歯髄(いわゆる神経)に到達すると歯髄を取り去り、根管を拡大、消毒後そこに薬をつめて密封する治療(抜髄、根管充填)が必要になります。
ところが歯髄の腔は複雑な形をしていて抜髄は非常に困難な治療です。また抜髄した歯はその後だんだんと劣化して破折をしやすくなりますし、また根の先の骨の中に病巣を作ることもあり、歯の寿命は確実に縮まります。やはり抜髄をしないことが大切なのです。
MTAセメントは虫歯が歯髄に達したときにそこを封鎖して歯髄を守るために使用します(覆髄)。抜髄をしないため、また無駄に歯を削らないために歯の寿命を縮めず長持ちさせる効果があります。

2.再発予防

MTAは水分があっても歯と接着するので、細菌の浸入を食い止める働きもあります。

3.安心・安全

MTAは硬化前は強アルカリ(pH:12.5)の為、根の先や歯髄の細菌に対しての殺菌(静菌)効果も期待できます。
MTAは膨張しながら硬化すると密封性が高くなり、また中性となるため為害作用がなく、しかも生体親和性の高い身体に安心安全な材料です。

4.結果的に費用が安くなる

虫歯が深い場合など、通常は神経の必要になりますが、抜髄処置をしないため、クラウンなどの費用を抑えることが出来ます。

MTAセメント治療のメリット

水と混和させることで硬化するので、口腔内での使用に適している
膨張しながら硬化する為微小漏洩を抑制し細菌感染を防ぐ事から封鎖性に優れていると言われています
他の歯科用セメントより細胞毒性が低く、新規象牙質の形成を促進させることから生体親和性が良いと言われています
硬化過程で強アルカリ性(㏗12)を示し細菌を殺菌させます
カルシウムイオンが放出される事により象牙細管などで歯の成分であるハイドロキシアパタイトを 形成させることで歯の再生に繋がります
歯の神経を残したままの治療が可能であるため歯の寿命が延びます

MTAの治療例

深い虫歯の神経を残すことができる

歯の治療で深い虫歯を全て取りきったとき、神経が露出しそうになったり、神経の一部が露出してしまうことがあります。そういった場合、歯の神経を取らないと痛みがひかないことがあります。
しかし、歯の神経を取ってしまうと歯の寿命は短くなってしまいます。そこで神経を保護する薬を使うことによって、できるだけ歯の神経を取らずに治す治療法があります。この薬は、従来、水酸化カルシウム製剤が使用されてきましたが、決して成功率が高いものではありませんでした。しかし、かわりにMTAセメントを使用することにより、成功率が大きく上がりました。進行した虫歯の治療をするとき、歯の神経を残すことができるか、できないかは歯の寿命に大きく関わります。

治りにくい根の治療を治すことができる

歯の根の治療の根管治療は歯の治療の中でも難しい治療です。歯の神経を抜いてしまうと根管治療を繰り返し行わなければならないことが多くなります。また、根管治療では、いつまでも痛みが取れない、治療したが膿が止まらないなどのトラブブルも多いのです。従来、清潔になった歯の根の中は、ガッタパーチャポイントと呼ばれるゴムを詰めて封鎖していましたが、MTAセメントを使って封鎖をすることで治療の成功率を上げることができます。

ひびの入った歯を接着することができる

神経がなくなってしまった歯は脆くなり、歯にひびが入りやすくなります。
小さなひびであればMTAセメントで埋めることによって、歯のひびを封鎖し、細菌が入りにくい状態にすることができます。

穴の空いた歯を埋めることができる

歯の治療を何度も繰り返していると歯は薄くなり、穴が空いてしまうことがあります。
穴が空いた部分から細菌が出入りし、歯茎が腫れたり、膿が出るのが繰り返されます。
MTAセメントで埋めることによって、細菌の侵入を防ぎ、歯の寿命を延ばすことができます。

歯根嚢胞の手術で根の先から穴を埋めることができる

歯の根の治療では治らない歯根嚢胞(しこんのうほう)は手術で取る必要があります。その際、歯の根の一部を切断し、切断面にMTAセメントを詰め、根の中に残っているかもしれない細菌が出てこないように封鎖します。
MTAセメントは生体の適合性や封鎖性も高いため、歯根嚢胞の再発を防ぐことができます。

トップへ戻る