感染察知する酵素発見=抗ウイルス剤開発に期待

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:
ウイルスに感染したことを察知し、抗ウイルス作用を持つたんぱく質インターフェロンの生産を促す酵素を発見したと、東京都臨床医学総合研究所の藤田尚志副参事研究員らが21日、米免疫学誌ネイチャー・イムノロジーの電子版に発表した。インターフェロンは抗がん作用もあり、この酵素を強める薬剤を開発すれば、新たな抗ウイルス剤や抗がん剤ができると期待される。
 この酵素「RIG-I(リグ・アイ)」は、ウイルスが細胞内に侵入した後、増殖する過程でつくる二重の鎖状のRNAを感知。インターフェロンなど免疫反応を活性化させるたんぱく質の遺伝子を働かせる。-都研究所