審美矯正

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:

最近、成人矯正が増えてきたという報告がありました。

60歳以降の方でも、審美的な問題や、若返り(アンチエージング)を目的に、矯正治療を行ってきています。現在は、マウスピース矯正など、見えない、痛くない矯正方法が買い鉢されてきたのも、要因ではないかと考えられています。
若返り(アンチエージング)の症例を見る

また、子供の矯正治療も、3歳児などの反対咬合は積極的に治療しなかったのですが、ムーシールドなど、強制装置が開発され、治療を早期に行なわれています。