ドライマウスに対する対処法はどのようにしますか?

禁煙・節酒が必要です。スポーツ飲料や水を携帯して、こまめに飲みます。クラッカー、クッキーやトーストといった乾燥状食物や炭酸、柑橘類、カフェインの入った飲料の摂取もさけます。キシリトールのキャンディー・ガム、レモン、梅ぼしなどを噛んで唾液を出すようにします。室内の空気が乾燥している冬季には、湿潤器や噴霧器を使います。1日に2~3回および就寝前に少量の植物油を塗るのも良いでしょう。この他、口腔湿潤剤として「オーラルバランス」、「オーラルウェット」があります。口内を洗浄・殺菌して口臭を除去する目的で「マウスウォッシュ」という名称で多数の製品が市販されております。これらを口内に塗布すると、口腔内の乾燥を防ぎドライマウスの症状が軽くなります。
  人工唾液「サリベート」製造元・販売 帝人株式会社)を1日3~4回を使用することがあります。