レーザー治療で歯茎はピンク色になりますか

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:

デンターネットというところのHPに「レーザー治療で歯茎もピンク色になり」とありましたが、私は歯槽膿漏で歯茎が赤く腫れています。レーザー治療でピンク色になりますか。

推測ですが、ここのホームページに書いてある「歯茎がピンク色になった」というのは、タバコなどが原因で歯と接する部分ではない離れた部分が黒ずんだものを、レーザーを使って治療したものと思います。
メラニン沈着症といいますが、県外の方でこの治療と歯のホワイトニングをしたことがありますので、そのときのことかと思います。
歯槽膿漏の治療は根本的に原因の除去が必要です。それは、局所的には歯の汚れや歯石など、全身的には食事や全身疾患との関連など注意点が多くあります。
歯茎は治療により正常になればピンク色になりますが、通常の治療を主体に行うのが本筋です。
レーザー治療は歯槽膿漏の治療では補助的に使用されます。レーザーは骨を溶かす毒素を不活性化することが出来るとされ、直りが早かったり再発を防ぐなどの効果があります。
また、歯茎が腫れて痛みが強いときなどには、レーザー治療により早く痛みをとることが出来ることはできます。