ホワイトニングの料金について

Q:多くの歯科医院でホワイトニングが行われていますが、料金や価格について教えてください。
どうやって、歯医者さんを選んだらいいでしょうか?

A:ホワイトニングの種類には、大きく分けて、「ホームホワイトニング」「オフィスホワイトニング」に分かれます。
その、使用する材料や方法により、費用が異なってきます。
ホワイトニングは保険適用にならず、すべて自由診療のために、各歯科医院で設定料金が違っています。
全国の一般的な値段については、「ホワイトニングの治療方法」と種類をご覧ください。

ホームホワイトニングは、2万5千円~5万円となっています。発売当初と比較して、価格も抑えられ、国産の材料であれば、2万5千円位なら、妥当な料金でないでしょうか。現在、当院ではモニター価格として2万円で行っています。
国産は尿素10%で、ハイライト、GCティオン、ナイトホワイトエクセル、オパールエッセンスなどがあります。
アメリカ製品は、効果は国産に比較して期待できますが、料金は高くなります。

オフィスホワイトニングは種類が多く、選択が難しいのです。なぜなら多くの歯科医院で詳細について掲載していないからです。盛岡市でのホームページをチェックしてみても、オフィスホワイトニング○○円としか掲載されていません。
光を使うものとしては、国産ではハイライトやピレーネなどがあります。光を使わないオフィスホワイトニングは、日本では発売されていません。光を使わないオフィスホワイトニングは、オパールエッセンスなどありますが、光を使うものより安価になっています。
光を使うものでは、ブライトスマイルやズームを使ったホワイトニングが効果があります。ビヨンドシステムなどは1万円位、ズームは3万円位が相場ではないでしょうか。
オフィスホワイトニングは、2週間間隔で3回行えば、目的の色になります。
前歯12本を補綴処置(被せる治療やラミネート治療)で行った場合は、100万円以上もかかります。それに比較して、ホワイトニングは安いのではないでしょうか。