子供の虫歯治療で母親は一緒がいいのでしょうか?

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:

Q:このもの治療の時に、母親は診療室に入らないで、待合室で待っていたほうがいいのでしょうか?

A:子供の患者さんを「こらしめる目的」での暴力は、絶対に許されない行為だということ、これは大前提です。治療に、非協力的な時期が必ずあります。
歯科治療をするためには、どうしても手足を押さえつけたりする必要があるのですが、これは「ある意味で暴力」です。言ってみれば「治療上必要な暴力」でしょうか。
その後の歯科治療に協力的になる時期が大幅に遅れる原因になります。
出来ることならばこの時期の治療は避けるべきでしょう。
不幸にして3歳までにムシ歯になってしまった場合ですが、早期に治療が必要なほどに進行していなければ、3歳になるまで待つ方が得策です。
3歳になると、親が驚くほど治療に協力的になってくるものです。
「嫌な事でも我慢をしなくてはいけないことがある」「今我慢をすれば、後で良い事がある」「今我慢をしないと後でもっと悪い事になる」ということを理解してゆく時期なのです。
また、1人で治療を受けさせ始めるべき時期でもあります。これは母親が待合室に残ることで「お母さんも歯科医師やスタッフを信頼している」のだというこ とを暗に子供に伝え、理解させる必要があるからです。
この時期の母子分離は極めて重要で、子供の情動発育の観点からも必須のことと考えます。
小さい頃の虐待は、大人になって精神的に影響を及ぼします。
将来も考え、治療を受けさせましょう。
ちなみに、当院では無理に治療をすることは、絶対避けています。