ストレートラインマウスピース矯正の評判と問題点は?

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:

Q:ストレートライン、マウスピース矯正の口コミや評判と作製上の問題点などありましたら、教えてください?

A:評判、口コミを利点、欠点という形でお答えいたします。
 利点は、
 1.目立たない、見えないということです。(他のマウスピース矯正も共通です)
 2.移動量が少ないので痛くないということです。
 3.装着感は、良いようです。
 欠点は、
 1.料金が高いということです。(治療費と技工料)
 2.最初の診断と精密診断で期間が大きく変わる場合があるということです。(患者さんへの料金の説明が困る場合があります)
 3.手作業のために、マウスピースの適合が悪い場合があります。

 問題点は、
 欠点と同じようなことですが、一番困ったのが、期間の変更です。最初の診断では2by1で1年だったものが、精密診断で1年4か月に変更になった時です。有る程度の変更はあるのですが、実際、患者さんは1年位なら費用や通院に耐えられると考え、料金の高い精密診断を受けるわけです。それが、期間が伸びて、患者さんの診療費は10万円程度高くなります。なんか、私がうそをついているようで、むなしくなります。当院の対応は、大きく違った場合には精密診断の費用を返却しています。はじめから、説明をしているのである程度は納得しているようですが、不満そうですね。
 2by-1は、全ての症例が10か月で終わるということから始まり、1年に変更され、その後通常のストレートラインの期間を半減するということになりました。現在は、ほぼ2/3の短縮されると説明を受けています。
 あとの問題点は、時々技術的なエラーが出る場合があります。他のマウスピース矯正でもありますが、マウスピースが浮いている場合がほとんどです。それは、最初のマウスピースの場合もありますが、途中でエラーになるときもあります。途中でエラーになる場合は、患者さんの使用状況も考えられますが、下の症例写真は最初のマウスピースでエラーが出たものです。技術的なエラーで手作業のためにやむをえないですが、印象(型取り)を再度取る必要があり、患者さんは苦痛を感じています。

sterror.jpg 
 ストレートラインを行っている歯医者は、インビザラインを行っていない歯医者さんが多いと聞きますが、どちらかを選択できる歯科医院が多く出てくれば、今でも良い方法なのですが、さらに良いものに発展していくことを望んでいます。

 人は、心を持って対応することが、重要ですね。