お勧めのマウスピース矯正は?

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:

Q: お勧めのマウスピース矯正は、何ですか?

A: その人のライフスタイルによって異なります。
 装着感、装着時間、費用、通院回数、通院期間、痛みの度合いなどで選択できます。メリット、デメリットからも比較します。
 装着感から選択する場合は、インビザライン、ストレートライン、イークライナー(アソアライナー)、アクアシステム、最後にストレートラインの2by-1、SAKURAの順かと思います。
 装着時間は、寝ているだけの時間で治るものもありますが、実際の移動には問題が有ります。その他は、それほど変わりは有りません。
 費用は、期間によって変わりますが、アクアシステムが安価かと思います。但し、前歯部だけの矯正に限られます。(他を併用すれば可能です)
 通院回数の少ないのは、インビザラインが少なく、次にイークライナー(アソアライナー)、アクアシステム、ストレートラインの順かと思います。
 移動期間は、理論上はストレートラインの2by-1が早いとされていますが、2013年現在、当院で2009年11月に1年6ヶ月で開始した患者さんは、まだ終了しておりません。大きく動かすアソアライナーは若干痛みを伴う場合が有ります。実際に、確実に移動できるマウスピース矯正は、インビザラインやアクアシステムかと個人的に考えていrます。
歯の軸を変更しなくてはならない場合など、非常に困難な症例の場合はインビザライン、抜歯など必要な場合には、他にもできるマウスピースがあります。痛みも有りません。
 当院では、ストレートラインがマウスピースが届かないという状況で大きな被害が出ていますが、全てインビザラインで対応できました。
 2013年2月に、スマートトラックを開発したインビザラインを、当院ではお勧めしています。岩手県で一番のマウスピース矯正の症例数をもつ歯科医師だからこそできる、安心で見えない痛くない矯正ができるのです。
 色々なマウスピース矯正が出てきていますが、上記に名前が出ているマウスピース矯正以外は、あまり勧めることは出来ません。
当院では、上記全てのマウスピース矯正の認定医で、全国一の低価格を目指しています。

 私が考える条件は、下記の通りです
  1.認定医制度があること
  2.歯科医師が設計、作製に直接関与すること
  3.実績のあること