プラーク(歯垢)とは?

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:

プラークは歯の表面につく汚れで、歯の表面についた白っぽいネバネバのことです。
食べカスと思っている人が多いのですが、食べカスではなくて細菌(さいきん)のかたまりで
歯牙細菌苔や歯垢(しこう)とも呼ばれ、生きた細菌の大集団が苔のようにヘバリついているものです。
プラーク中の細菌が、むし歯や歯周病(ししゅうびょう)の原因(げんいん)になります。


なぜプラークが歯につくのでしょうか?

口の中では「糖質」が長く滞在しているとネバネバした不溶性グルカンを形成し、これが歯にこびりつき同時に
様々な細菌をとりこんでプラークが形成されます。さらに、糖質は分解され乳酸を発生させるため、
歯はこの酸の蓄積により「溶ける=虫歯」となるのです。