金属アレルギー検査

当院では金属アレルギー検査のみの実施は行っておりません。また、初診時は診査のみとなり金属アレルギー検査は行いませんのでご了承下さい。。
通院中の患者さんや、かかりつけの歯科医院からのご紹介の患者さんに対してだけ検査をしています。
他県の方は、通院可能な方に限りご連絡下さい。

 

歯科用金属溶出傾向測定装置
DMAメーターは、 口腔内の補綴物や充填物の金属イオンの溶出状態を測定する装置です。 各種アレルギーは様々な要因によって引き起こされますが、歯科の補綴物や充填物に用いられている金属合金に起因するものも少なくありません。

 

合金のもつ主要元素(ニッケル・クロム・コバルト・パラジウムなど)が、金属アレルギー等の病気をはじめ多種多様な病状を引き起こすことがあります。それらの病状は口腔粘膜の痛みや酸っぱい味覚として感じられ、さらには、歯肉炎症状から全身症状にもおよぶことがあります。

 

このDMAメーターは、世界的な特許をもつハンガリー製の最新機器で、過去何10年にも及ぶ研究の結果、 歯科補綴物の電気化学的状態ひいては生物学的に補綴物、充填物が患者に適合しているかどうか即座に診断します。
金属アレルギーの患者さまへ
金属アレルギーの場合は、 全ての金属を外し、金属のないものに変える必要があります。
保険でできないかという患者さんがおりますが、無理なのです。
そういう患者さんは、 何度もいらっしゃって、同じ説明を何度もするのですが、今の保険制度では無理なのです。パラの入っていない銀合金があるのではなどという方もおりました。しかし、どのような合金でも多数の金属が含まれており、詳細までは企業秘密なので、アレルギーがある場合には、金属以外のものを使用する以外にはありません。
一部、インレーなど保険でできるものがありますが、被せものに関してはほとんど無理です。
また、多数歯にかぶせものがある場合、特に土台まで金属の場合が多い時などは、当院では対応が不可能です。
ご理解の上、通院してください。
当院は、安価で最高の治療をする歯科医院として有名になりました。
しかし、無理なものは無理なのです。よろしくお願いします。