2種類のマイクロスコープ

デンタルマイクロスコープ(顕微鏡歯科)とは

肉眼では見えなかったものが見えるようになる顕微鏡です

津志田歯科医院のマイクロスコープ

歯科用マイクロスコープ(ライカマイクロシステムズ社)

微細な部分も観察できる高い光学品質と、長期にわたり快適に治療を可能。フルHDカメラで撮影した動画や静止画を使い患者様へ治療の説明をすることができ、そのデータをカルテに転送、包括的に記録することで、患者様との信頼関係をサポートすることができます。
ライカ(歯科用顕微鏡・マイクロスコープ)

ネクストビジョン(ヨシダ社)

口腔内カメラと顕微鏡の機能を兼ね備えたデジタルマイクロスコープです。 拡大された部位をモニターで確認しながら診療できます。 4K画質で80倍、2K画質で最大30倍まで拡大可能です。 歯面や根管の状態をより大きく、細部まで鮮明な画像で撮影可能です。
ネクストビジョン(歯科用顕微鏡・マイクロスコープ)

デンタル マイクロスコープ(顕微鏡歯科)の治療内容

顕微鏡(マイクロスコープ)を使った根管治療・歯内治療

根管とは、歯の中の神経(歯髄)が入っている管のことです。ここがむし歯で感染すると、残念ながら神経を取り除かなければなりません。
ところが、神経は取ったものの肝心な感染が取れていない状況が頻発します。根管はとても狭く複雑に入り組んだ形をしていて、簡単に感染を取りきることが出来ないからです。
根管の中は肉眼で見ることができず、一般的にはレントゲンを参考にしながら”経験”と”勘”を頼りに手探りで治療を進めていきます。そうすると見落としが発生し感染源が残こってしまい、再治療になる場合が往々にしてあります。
しかし、顕微鏡(マイクロスコープ)で根管内を詳細に観察することが可能になると、感染源の見落としをかなり減らすことができ、細部にまで治療が出来るようになり、治療の成功率は飛躍的に向上しました。
また、根管治療はたいへん細かい器具を使うため、場合によっては器具が折れて歯の中に残ってしまうことがあります。通常、歯の中に残った器具の除去は不可能で、これまでは器具が折れてしまった場合、治療を続けることができませんでした。しかし、顕微鏡(マイクロスコープ)で確認しながら折れた器具に超音波振動を与えるといった方法により、破折した器具を除去できるようになり、再治療の道が開かれることが多くなりました。
このように、顕微鏡(マイクロスコープ)は根管治療において最も大きな効果を発揮することは明白であり、アメリカでは、根管治療を専門に行う歯科医師を教育する際、顕微鏡(マイクロスコープ)の使用が必須となっています。

顕微鏡(マイクロスコープ)を使った、コンポジットレジン修復

コンポジットレジンとは、主に初期から中期のむし歯の治療に用いられるプラスチックの”詰めもの”で、当日中に処置が完了します。
コンポジットレジンは使用しやすい反面、とても繊細な材料で詰め方によって結果に大きな差が出ます。顕微鏡(マイクロスコープ)を用いて時間をかけて丁寧に詰めれば、素晴らしい適合性と美しさを兼ね備えた治療になります。
大切なのは、コンポジットレジンを詰める前にむし歯を可能な限り取りきるということです。健康な歯をできるだけ削ることなくむし歯だけを削り取る作業は顕微鏡(マイクロスコープ)なしには難しく、特に神経が露出しそうな深いむし歯の場合は結果に大きな差が出ます。

顕微鏡(マイクロスコープ)を使った歯周治療

歯周病は歯の周りに細菌が感染し、歯周ポケットという溝をつくりながら歯を支える骨を徐々に溶かしていく病気です。成人の8割はかかっているといわれる国民病ですが、ほとんどの場合は放置されたまま悪化し、晩年に歯を失う大きな原因となっています。
昔は歯石が原因といわれていましたが、現在では数種類の歯周病原菌がつくる”バイオフィルム”という頑固な薄い膜から染み出る毒素が原因ということが解っています。したがって、治療はこの膜をいかに除去して再発を防ぐかが鍵になります。
ところが、この膜は非常に頑固で薬もほとんど効きません。治療は膜を機械的に掻き出すことが主体となりますが、歯周ポケットが深くなると的確に器具を入れることはできません。
顕微鏡(マイクロスコープ)を用いると器具を的確に入れることができるだけでなく、肉眼では見えなかった感染源を見つけて除去できるようになります。さらに、いわゆる歯周病だけではなく、歯の根元が露出してしまった歯肉に別のところから採取した歯肉を移植し、根元をカバーすることも可能になりました。

マイクロスコープを使用するメリット

マイクロスコープのメリット1

治療の精度が高まる
肉眼では捉えきれない部位も拡大視しながら処置できるので、精密な診断や治療が可能です。

マイクロスコープのメリット1

患者さんの負担を軽減する
削り残しをなくし、必要以上に健康な歯質を削ることも防げるので患者さんの健康維持につながります。また治療時間の短縮にもつながるので、患者さんの負担を抑えます。

マイクロスコープのメリット1

モニタで確認できる
マイクロスコープのカメラが治療部位を映し出すので、診療ユニットに設置しているモニタで確認できます。

マイクロスコープのメリット1

治療の可能性が広がる
これまで細部の確認が難しかった部位も、マイクロスコープで拡大視できれば、治療の可能性が広がるのです。

トップへ戻る