唾液検査(虫歯・歯周病の予防)の知識

Q1:唾液検査はなぜ行うのですか?
A1: 虫歯になりやすいかどうかを調べます。
主に、唾液量と唾液緩衝能と細菌検査を行います。

 

Q2:唾液緩衝能とはなんですか?
A2:唾液には、酸性に傾いた虫歯になりやすい環境を、中性の虫歯になりにくい環境にする働きがあります。この働きを「緩衝能」といいます。緩衝能には個人差があり、緩衝能の低い人ほど口の中が酸性になる時間が長く、虫歯になりすいのです。唾液緩衝能検査で唾液の力をチェックすることができます。
当院設備で確認

 

Q3:細菌検査では何をしらべますのですか?
A3: 採取された刺激唾液を検体に、ミュータンス菌とラクトバチラス菌を培養し、そのコロニー密度にもとづきカリエスリスクを判定するものです。

 

 

 

●ミュータンス菌用培地とラクトバチラス菌培地が
  裏表になっています。
●プラーク中のミュータンス菌の有無の判定にも
  使用できます。

 

Q4:予防はどのようにして行いますか?

 

A4: 正しい口腔清掃と生活習慣の改善が重要です。
歯を強くするためにフッ素塗布やシーラント処置をします。
どちらの処置もレーザーを併用すれば、より確実に予防処置ができます。

 

Q5:唾液検査で歯周病がわかると聞いたのですが?

 

A5: 唾液検査でわかる歯周病として、岩手県歯科医師会では岩手県予防医学協会と連携して、全国に先駆け歯周病に唾液検査を取り入れました。この検査では唾液量、LDH、ヘモグロビンなどを検査し、出血の有無や歯槽膿漏にかかっているかが判定できます。
現在では、歯科医院での唾液検査の方が、より正確に判定できると考えています。