根尖性 歯周炎(Per)の知識

虫歯や打撲などによって神経が死んでしまった時や、根の治療が途中のまま期間がたってしまった時や、以前に神経を取ってとっている場合で何らかの原因で感染を起した場合に、根の先端(根尖)に膿がたまってしまいます。これを、根尖性 歯周炎と呼びます。
根尖性 歯周炎の症状は、自発痛(黙ってての痛み)、咬合痛(咬んだ時の痛み) 、根の先の歯茎の腫れ、動揺がでたりします。
慢性 根尖性 歯周炎(自発痛がない)を放置しておくと、急性 根尖性 歯周炎になり、我慢の出来ない痛みや広範囲に歯肉が腫れてしまいます。
このような場合は、 抗生物質などの薬を服用して、症状を軽減する必要があります。
大きく分けて、慢性 根尖性 歯周炎と急性 根尖性 歯周炎に分けられます。
また、歯槽膿漏の場合は、辺縁性 歯周炎と呼ばれ、根尖性と辺縁性の違いは、腫れや痛みの部位が違うことで判断できます。

 

根尖性 歯周炎の治療法は、虫歯をきれいにした後に、根の中の感染したところをきれいにします。
症状のなくなったところで、根管内を殺菌水やレーザー等で無菌にして、ガッタパーチャという薬で、密閉します。
根管充填といいますが、その際、当院では垂直加圧根充を行っています。
この根尖性 歯周炎の治療(根管治療)は、歯科医の技量の差がはっきりとでます。

 

歯茎の腫れの対処法は、痛みが強い時には、冷やす方がいいでしょう。痛みのない時はそのままの方が、歯科医院で早く治すことができます。早く、治療をすることをお勧めします。

 

根尖性 歯周炎の種類
  慢性 根尖性 歯周炎
 慢性化膿性根尖性 歯周炎
  急性 根尖性 歯周炎
  急性化膿性根尖性 歯周炎