象牙質知覚過敏症(Hys)の知識

ワンポイント
 特にむし歯になっているわけでもないのに冷たい水を飲んだときに「ピリッ」とくるあの痛みです。
 冷たいものがしみる場合には、疑われます。
 正しいブラッシングや食事療法で予防していきましょう。
 当院では、従来どおりのレーザー治療、最近では難知性の知覚過敏症にドックスベストセメントやカームを使って治療しています。

 

Q1:知覚過敏症はどのような病気ですか?

 

A1:正式には象牙質知覚過敏症と呼ばれています
    1)歯頸部の楔状欠損などによる象牙質の露出に伴う知覚過敏症
    2)歯肉の退縮による根面セメント質の露出に伴う知覚過敏症
    3)窩洞形成後の露出象牙質の知覚過敏症に大別されます。
    露出した象牙質やセメント質の特定の歯面(知覚過敏帯)に、冷気、冷水、酸味・甘味食品あるいは歯ブラシなど     が 接触した際に誘発される一過性の電撃様疼痛です。
    これらの刺激を与えないときには、何ら症状を現さないのが特徴です。

 

Q2:放置すればどうなりますか?

 

A2: 刺激が反復して加えられると、症状は増悪し、次第に持続性の疼痛または不快感を訴えるようになり、歯髄炎に移行することもあります。簡単にいうと、神経を取らなくてはなりません。すなわち、“疼痛の持続の有無”が本症と歯髄炎との鑑別点とされています。

 

Q3:知覚過敏症の原因はなんですか?

 

A3: 歯頸部に頻発する原因として、歯ブラシの誤用による磨耗(楔状欠損)があげられますが、最近は、咬合の応力が歯頸部に集中することによる歯質(エナメル質)の崩壊も原因の一つと考えられています。

 

Q4:どうして歯がしみるようになるのですか?

 

A4: 比較的新鮮な露出象牙質面に発症しやすく、この部位の象牙細管を介して外来刺激が歯髄に伝達され(象牙質歯髄複合体)、分布する神経線維末端が興奮して痛みとして認知されます。

 

Q5:予防法はありますか?

 

A5: 正しい口腔清掃が維持されれば、歯髄腔壁に第二象牙質が形成され、また、象牙細管には石灰沈着が起こり、細管が封鎖されるなどの生体の防衛反応が現れます。したがって、 誤った歯ブラシの使用による歯頸部の磨耗を避け、適切な口腔清掃の指導を実施することです。
  さらに、定期的な噛み合わせの調整が必要です。

 

 

 

Q6:治療法を教えてください?

 

A6: 当院では象牙細管を封鎖する薬と、CO2レーザーの∑モードでの象牙細管の封鎖、もしくはヘリウムネオンレーザーを使用しています。咬み合わせの調整は、必ず必要です。
最近では、カームやドックベストセメントを使用しています。
歯周病からくる知覚過敏症もあることから、その場合は他の手段もとらせていただいています。