歯のホワイトニングの方法

ホワイトニングの種類
ホワイトニングは、ホームホワイトニングとオフィスホワイトニングに分かれます。
ホームホワイトニングは、受診する人に合ったトレー(マウスピース)を用い、家庭で薬剤のジェルを塗布する方法で、薬剤は10%過酸化尿素や3%程度の過酸化水素を含む薬剤を使います。 ホームホワイトニングの欠点として、ホワイトニング効果が現れるのに1週間~1ヶ月程度かかるり、時間が若干かかります。
オフィスホワイトニングは、審美歯科医院で薬剤を塗り、レーザーや ショートアークメタルハライドなどの光を当てることで歯を白くする方法で短時間に歯を白くできます。オフィスホワイトニングの欠点として、高濃度の過酸化水素の使用で、歯肉などに痛みが出たりする場合があります。 (実際の症状では、あまりでません)
また、1回の治療時間が40~60分の時間を要し、高額のレーザーや光照射器を用いるので、料金(費用)が高額になります。 歯を白くする効果は、ホームと比較して早いのが特徴です。

 

ホームブリーチング(ホームホワイトニング)

 

 

 

当院は岩手県で初めてホワイトニングを行った歯科医院です。この方法は、 患者さんごとにあった、カスタムトレーを作って、自宅で行うホワイトニングの方法です。
当時は海外から輸入しておりましたが、現在は国産でも効果が出るものも発売されました。 当院では、2~3種類の薬剤を選択しています。
国産の材料は、ハイライト、ナイトホワイトエクセル、GCティオンなどがあり、尿素10%となっています。
日本製は第1世代と呼ばれるもので、アメリカでは、現在第3世代のホワイトニング材料となっており、比較すると、輸入製品の方が、歯を白くする効果は大きいと思います。
当院は、すべて輸入により最新のホワイトニング製剤を使うことができます。
人気の為、在庫がなくなった場合など、2~3か月、お待たせすることがあります。
現在は、トレーを使わない、簡易トレーを使うホームホワイトニングや、光を使わないオフィスホワイトニングなども、患者さんの状況により、選択しています。

 

オフィスブリーチング(オフィスホワイトニング)

 

本当に歯を白くしたい方の為の、ホワイトニング方法です。他の歯科医院で行っている5000円程度のホワイトニングは、当院では無料で行っています。(長く通院している患者さんに対して、メインテナンスで行っている方法ですので、他の患者さんには、行いません)
ズームアドバンスホワイトニング
治療症例を見る
治療方法、治療風景を見る
ZOOMホワイトニング「ズームアドバンス」は、ショートアークメタルハライドという光を使います。ズームホワイトジェルを歯に塗った後に、光を 20分間照射します。これ、を2~3回繰り返します。
ホワイトニングの効果は高く、現在アメリカでは主流となっている最先端オフィスホワイトニング法です。
1回で歯を白く出来る、パワーホワイトニング法です。
ホワイトニング効果は高く、1日で歯を真っ白にすることができます。

 

 

ズームホワイトニングの詳細は、こちらからどうぞ!

 

ルミブライトホワイトニング
ルミブライトホワイトニングシステムは、サファイアハイパーライトを使用。1回で効果の出るホワイトニングです。※1
ホワイトニングによる知覚過敏を防ぐため鎮痛促進ジェルを使用しますので、 患者様が痛みや違和感を感じることがほとんどありません。 また、ホワイトニング剤にフッ素配合で歯を守りながら美しい白さを実現します。
*サファイヤハイパーライトは、癌スコープも装着可能で、癌検診もできる装置です。

 

ルマクールホワイトニング
LUMACOOLホワイトニングは、LEDという光を使う、アメリカで最先端の器械です。 ルマクールは熱が出ないため、歯がしみないなどの利点があります。ズームに比較して歯が白くならない等の欠点はありますが、当院では新たな方法で通常の方法より白くすることが出来るようになりました。1回では白くならないので、2~3回は必要です。
ルマクールインストラクター

 

 

レーザーブリーチング(レーザーホワイトニング)
当院ではアルゴンレーザーを使い、レーザーホワイトニングを行います。
CO2レーザーや、他のレーザーでも可能ですが、それは本来使い方が違います。

 

薬剤を塗布して、レーザーを照射します。1日で終わるのが特徴ですが、最近ではホームホワイトニングで十分効果がでるため、行うことは少なくなってきています。
ホームホワイトニングで効果が出ない場合に、サービスとして行う場合が多くなっています。ホワイトニング効果は低いです。

 

ウオーキングブリーチング
失活歯(神経が死んでる歯)に行うホワイトニングで、 歯の裏側に 薬をつめて、数回交換する方法です。
神経の無い歯に行うホワイトニングを見る

 

ホワイトニングが受けられない方
・ 13歳以下のお子様
・ 妊娠中、授乳中の女性
・ 無カタラーゼ症などの有病者の方

 

*感光性物質や薬品を服用されている方、類似療法を受けている方は、ホワイトニング治療を受ける前にかかりつけの医師にご相談下さい。

 

歯のクリーニング(PMTC)
歯の表面を器械や薬剤を使って、白くする方法です。歯石や歯垢や着色が掃除でできます。
PMTCの症例を見る

 

ホワイトニングの種類や方法は、治療方法のぺージへどうそ!
ホワイトニング用の器械や薬剤は、知識のページへどうぞ!

トップへ戻る